これからGoPro購入を検討されている方必見!GoProカメラの使い方をご紹介!

Oct 19,2017 • Filed to: ビデオカメラ • Proven solutions

GoProとは

GoProは、防水、防塵そして耐衝撃性能に優れた高機能の小型ビデオカメラ、即ちアクションカメラを製造し、販売しているアメリカの会社です。本社はカリフォルニア州にあります。GoPro社の製造する高機能カメラを、GoProとも呼びます。

GoPro社のアクションカメラは、従来のビデオカメラよりも格段に性能が良く、その違いに驚いた世界中の消費者から歓迎され、大ヒットしました。
GoProは、さまざまな使い方ができますが、従来のビデオカメラよりも小型で、手の平に載るサイズであるため、ウェアラブルカメラとしての側面も持っています。常に気軽に携帯し、撮影できるという点においては、スマートフォンと似ていますが、最上位モデルはなんと4Kに対応しています。最高で240fpsといった高速撮影にも対応しています。撮影できれば画質は問わない、という使い方であれば、スマートフォンでも間に合いますが、高画質で映像を残したいという場合は、アクションカメラが向いています。
そのように高性能であれば、さぞかし高価格であろうとイメージされるでしょうが、価格は税別で1万円から6万円です。数十万円のカメラでなければ撮影できないと考えられていた映像が、こうした低価格で撮れるようになったというのは、画期的なことです。

GoProについて

GoProでは、マウントを利用した使い方をすることが多いです。マウントとは、例えば三脚のような、カメラを固定する器具のことです。購入時に、GoProの撮影に使えるマウントが付属していますから、安心です。手持ちで撮影をすると、アングルが限られやすくなり、時にはカメラを落としてしまう可能性もあります。
動画はファイルのサイズが大きいため、大容量のmicroSDカードを常に用意しての使い方をすることも大事です。SDスピードクラスの性能も求められます。解像度やフレームレートが大きめの高精細な映像になると、microSDカードには、より高速なデータ転送速度が必要とされます。Class10もしくはUHS-Iと記載された商品を選びたいものです。
GoProには、microSDカードは付属していませんが、水深40メートルに耐える防水、防じん性能があるハウジングが付属します。これをつけて撮影することで、水中撮影も楽にできますし、陸上で落下させてもハウジングが緩衝剤になります。ハウジングで覆っていても、操作性は抜群であり、ハウジングを装着したままボタン操作ができます。
GoPro購入時には、マウントやハウジング以外にも、さまざまな付属品が同梱されてきます。税別で1万円から6万円というお手軽価格で、フルHDを超える解像度での本格的な撮影がすぐ始められるようになるため、人気を呼び、爆発的な売れ行きを示しました。

GoProは、サイズが非常に小さいため、持ち運びが楽で、ウェアラブルカメラのようにして使える側面があります。しかも、フルHDを超える解像度、機種によっては4Kで撮影できます。4Kは、フルHDの画面4枚分の解像度ですから、よりリアリティーのある映像が撮れます。

GoProは、アメリカのカリフォルニア州に本社があるGoPro社が製造販売するビデオカメラです。従来のビデオカメラよりも非常にサイズが小さく、フルHDか、機種によっては4Kで撮影でき、しかも値段が従来品とほとんど変わらないことから、世界中で爆発的な売れ行きを示しました。
撮影時にマウントを効果的に活用することで、プロ並みの映像が撮れます。数十万円の大型カメラを使わなければ実現できなかった映像が、1万円から6万円という低価格で誰でも手軽に撮影できるようになったというのは、画期的なことです。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > ビデオカメラ > GoProカメラの使い方をご紹介!
Top