Mac OS X YosemiteでPDFファイルを変換

最新版となるMac OS X Yosemiteをお使いの方で、メール送付されてきた会議資料がPDFで作成されており、WordやExcelに変換して保存しておきたいシーンや、PDFをJPGなどの画像に変換して送りたいなどのシーンで、困った経験をされた方もいると思います。

しかし、「PDF変換 for Mac」というソフトは、そのようなシーンも全て解決してくれます。

「PDF変換 for Mac」はYosemite に対応し、PDFをWordやExcelに変換することやPDFを画像に変換することもでき、他にも暗号化PDFファイルの変換、PDFファイルを複数選択して変換ができる非常に便利なソフトです。

その「PDF変換 for Mac」で、PDFファイルを変換する手順を紹介したいと思います。

Step 1

PDFファイルをインポートしましょう。

「PDF変換 for Mac」を表示させ、変換させたいPDFファイルを選択し、「iSkysoft PDF変換欄」にドラッグしていきます。

PDFファイルは同時に50ファイルほどインポートすることができ、インポートされたPDFファイルは「iSkysoft PDF変換欄」に表示されます。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Step 2

形式を選択しましょう。

「iSkysoft PDF変換欄」にドラッグさせたPDFファイルをクリックし、ページ範囲を選択とフォーマット欄の出力形式を選択して「OK」をクリックします。

変換させたいPDFファイルの、ページ範囲とフォーマットの選択が完了したら、「変換開始」のボタンをクリックすると、変換が開始されます。

変換中にキャンセルしたい場合は、「変換」ボタンがキャンセルボタンとなりますのでご注意ください。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

Step 3

出力先を設定しましょう。

変換が完了したら、メニューバーにある「iSkysoft PDF変換」の「環境設定」をクリックして、「入力ファイルと同じフォルダーに保存」、「出力先」どちらかを選択します。

「出力先」を選択した場合、出力させたいPDFファイルを選択し、選択先を決定して完了となります。

「OS X Yosemite」から「OS X Mavericks」にダウングレードする方法

iSkysoft PDF変換」は上記のような手順で、どのようなPDFファイルも簡単に変換が可能です。

Mac OS X Yosemiteをお使いのMacユーザーの方は「iSkysoft PDF変換」で、より一層活用の幅が広がり、無くてはならないソフトとなるでしょう。


Back to top