PDF注釈の色を変更しよう

PDF注釈には——「PDF編集For Windows

大学での講義やオフィスでの会議などで、資料として配付されるPDFファイルは大抵がモノクロの資料となっていて、しかも、AcrobatReaderでの注釈機能だけでは、後々の見直しの時にうっかりしてしまうことがあると思います。 また、過程にあってはタブレットを使用して、料理のレシピをダウンロードしてそれを見ながら作るという事も、だんだん普通になってきたようです。

PDFファイルを開くソフトはどれがいい?

大前提としてそれらのPDFファイルが、Acrobatにて(またはPDF変換時に)OCR機能を使って文字を文字として認識していることが前提になりますが、大体、近年配布されているファイルは、OCR化されており文字として認識されている物です。 そうなると、後はPDFファイルをいかに簡単かつ、低コストで利用効率を上げるかにあると思います。 PDFファイルを開くソフトを、純正のAcrobatReaderではなく、他のソフトにすることで劇的に変化する事はある程度認知されていると思います。

PDFファイルの注釈として文字色の変更

ですが、文字の色を変えたり、PDFファイルの注釈として文字色の変更を行うためだけに高価なソフトを導入する訳にもいかないと思われます。 そうすると手頃な価格帯のソフトが数多く市販されていますが、実は初めからそのソフトで作成したPDFファイルでないと、文字色や注釈がうまく反映されなかったり、最悪はAcrobatReaderで読み込めなくなってしまうことがあったり等、トラブルがあることも否めない状況です。 それではadobe社製の純正ソフト以外で、不具合の発生率など低く抑えつつ、更にコストも抑えられるソフトは存在するのでしょうか。 ここで私は皆さんに、あるソフトウェア会社のソフトをご紹介します。

PDF編集 For Windows

iSkysoft社製 『PDF編集 For Windows』がまさにそれになります。 このソフトであれば、ワードを使うような感覚でPDFファイルに注釈を挿入したり、文字色を編集することが可能です。 また、それらの作業を終えたPDFファイルは、ほとんど不具合を発生させることなくadobe社製AcrobatReaderで閲覧をすることが可能となっているのです。 ちょっとの出費で、確実にPDFファイルを操作したいという方には、とても有益なソフトであると思います。

Back to top