Mac OS X Yosemiteで動画を編集

iphoneデータ転送for Mac



MacのOSシリーズの最新版となるYosemiteにされ、運動会や発表会などを撮影した動画を自分好みに編集される方も多いと思います。

Mac OS X Yosemiteで動画を編集する場合、どのソフトにしようか迷ってしまうほど多く販売されていますが、「動画編集 for Mac」は非常にお勧めです。

動画編集 for Mac」は、トリムやクロップなど優れた機能が数多くあり、動画編集の手順も簡単です。


ダウンロードダウンロード


その「動画編集 for Mac」の動画編集の手順を紹介します。

Step1、ファイルをインポートします。


1.「動画編集 for Mac」を表示させ、「新しいムービーを作成」のスクリーンの選択をします。

2.「メディア」をクリックして「プラス」をクリックし、インポートさせたいファイルを選択するのですが、インポートするファイルは複数選択することができます。

写真選択

、インポートしたファイルの編集

step2、インポートしたファイルの編集をします。

インポートしたファイルを編集するにはテキスト、エフェクト、PIP、トランジション、トリムなどの機能を使用するのですが、トリム、回転、テキストは良く使われる機能です。

・ 「テキスト」をクリックすると、インポートしたファイルに文字の入力ができ、他にも文字色、文字種類、吹き出しを選択することができます。

・ 「トリム」をクリックし「マーク追加」をクリックすると、必要なシーンだけを切り取ることができます。

・ 「回転」をクリックするとファイルを回転させることができます。

 上記のような良く使われる機能や、他の様々な機能を使い、自分好みの動画に編集していきます。

step3、編集したファイルをエクスポートします。


編集したファイルは、形式、デバイス、YouTubu、Facebook、DVDにエクスポートすることができます。

・ 「形式」をクリックして名称、場所、形式を選択して「作成」をクリックすればMacに保存ができます。

・ 「デバイス」をクリックして出力先を選択すると、デバイス先の形式に対応して出力されます。

・ 「YouTubu」と「Facebook」をクリックし、必須項目を入力するとファイルをアップロードすることができます。

・ 「DVD」をクリックするとDVDを作成することができます。

写真選択


このように「動画編集 for Mac」は簡単な手順で、様々に編集することが可能です。

Yosemiteを使っている方で動画の編集をしたいと思ったら、是非このソフトを使ってみてください。


Back to top