USBメモリから消えたデータをUSBから復旧させよう

Jul 02,2020 • Filed to: USB復元 • Proven solutions

ビジネスや、学校でレポートを作成する時などUSBメモリをよく使いますが、たまに使っている中でデータが消えてしまったり、破損してしまう等のトラブルがあります。USBメモリはサイズがとても小さく持ち運びが簡単で、値段もそこまで高くないのでとても便利なのですがパソコンとの相性によってはちょっとしたトラブルが起こることがあります。
このようなトラブルが起こると、絶対に消えちゃいけないデータがなくなってしまった、というようなこともあります。頑張って作成したレポートが消えてしまったり、個人情報が含まれている仕事のデータが消えるとなると処分を受けなければならないこともあるのです。
その為、このようなリスクを減らすようなソフトがあれば使いたい、というユーザーが多いですがRecoveritはそんな人にぴったりです。RecoveritはWindowsとMacのバージョンがあるので、どちらを使っていても利用できます。

Recoveritは、一度USBメモリから消えてしまったデータを完全に復元させることが可能です。例えば間違って消してしまってゴミ箱にうつしただけであれば元に戻すことは出来ますが、ゴミ箱からも完全に消去してしまうと、そこから元には戻せません。また、データそのものが壊れてしまうこともあり、破損した場合にも復元するのは難しいです。しかし、Recoveritがあればパーフェクトにデータを復元させることが可能ということもあって、とても人気があります。


USBメモリから消えたデータを復元する方法

Recoveritは復旧させるときの操作がとても簡単で、幅広い年代のユーザーが使っています。

1.ソフトを起動します。

ソフトを起動

2.消えてしまったUSBファイルの元の場所を選択します。

消えてしまったUSBファイルの元の場所選択

3.消えていたUSBファイルを復元します。

復元というボタンを押します。復元するのを待てば完了です。操作としてはものの数クリックだけで終わるので、説明書を読んだり調べたりしなくても大丈夫です。一回消してしまうと、絶望的な気持ちになりますがほぼ100パーセント元に戻すことが出来るので初めて使った時にはとても感動します。

消えていたUSBファイル復元

Recoveritは有料で、いろいろと種類がありますが2000円から8000円ぐらいで購入が出来ます。買うのはインターネットのサイトでネットショッピングの要領で可能です。
このUSBからデータをもとに戻す機能のものは4000円程度で買うことが出来、はじめはちょっと高いと思いますが実際使ってみると全く高くはありません。一度買ってパソコンにダウンロードしておけば、もしものトラブルがあった時にすぐに役立てることが出来ますし、頑張ってつくったレポートをまたはじめから作り直すことや、絶対に消えてしまってはならない仕事上のデータがなくなってしまうリスクを考えるとむしろかなりリーズナブルです。

同じデバイスを使い続けるのであれば、一度ダウンロードしておけば半永久的にリスクから守ってくれるのもありがたいです。こういったソフトにお金を出すのはちょっとハードルが高いものではありますが、実際にトラブルが起こってデータが消えてしまってから検討するのでは遅いです。必要な経費だと割り切って、購入しておくのがおすすめです。
意外とUSBを使う上でのトラブルは多いので、迷っているうちに何かしらのトラブルが起こってしまうこともあります。リスクを防ぐために、早めに入れることを検討しましょう。無料でRecoveritの使い心地が試せる体験版をちょっと使ってみて、そのシンプルな操作方法を確認してからでもいいでしょう。

0 Comment(s)

関連トピックス

Home > USB復元 > USBメモリから消えたデータを復元
Top