4k動画編集には相応のスペックが必要

4K動画を編集するには

    旅行が好きで、旅行先で撮ってきたたくさんの動画を一本の形にしてみる事にしました。そして、そこで見たものをネット上で公開する事で世界中の人に旅行と言うものの素晴らしさ、または旅行先の景色などを見て欲しいと思ったからです。その動画を見た事がきっかけで実際に足を運んでもらうなんて事もあるかもしれません。

    しかし、問題が発生しました。動画を編集しているだけで動作が重くなり、作業効率が非常に悪い状況・・・。一旦作業を中断し、なぜこうも重いのか原因を調べてみる事に。するとでてきたのは「4k動画編集、再生するのはただのパソコンではかなり厳しい」と言う事と「それ相応のスペックが必須」だと言う事がわかりました。私のMac book Airではとてもじゃないけど厳しい事がわかったので編集を諦めざるを得ませんでした。この段階では。

    数ヵ月後、せっかく撮り続けてきた動画をどうにかできないものかと言う思いが捨てきれず、貯金してきた分からお金を調達して、買いました。iMacになったと言う事で持ち運びはそうできませんが、これで編集に着手できれば言う事なしです。さっそく、撮影した動画をパソコンに取り込み、iSkysoft「究極動画音楽変換 for macを起動して編集作業を開始してみます。ここまでの時点で明らかにMac book Airの時より処理速度の速さを実感できているので編集作業も問題ないだろうと確信しました。実際4k動画を編集してみると、まだ少し、少しではあるけれど大きな問題にはならないほどの重さがありました。それでも編集自体に何の影響もないのですから、貯金を崩しただけの事はあったのでしょう。

Download mac version Download win version

Step1:4k動画をソフトに読み込む


4k動画をドラッグし、ソフトにドロップします。複数の4K動画を一括追加できます。そして、追加された4K動画の「編集」アイコンクリックします。

Step2:4K動画を編集


4K動画の編集画面に入ります。画面の右上にある「トリム」、「調整」、「効果」、「透かし」、「字幕」を選択し、4K動画を編集します。

編集が終わったところでいよいよ変換して見たいと思います。4K動画をYouTubeに高画質対応で載せるとか、4KテレビやiOSデバイスで再生できるようにMP4形式の4K動画に変換しましょう。iSkysoft 究極動画音楽変換 for macなら下のメニューからビデオを選び、「4K video」を選択、MP4の詳細設定をしてから変換をクリックします。

これで一定の画質を維持しつつ編集、変換作業が終わりました。今回はここに至るまで数ヶ月の時間がかかってしまいましたが、今後もこの調子でたくさんの動画をアップしていきたいと思います。iSkysoft「究極動画音楽変換 for macがあれば怖くない!

 

Back to top