4K対応テレビで4K動画を再生

4K対応テレビとは

地デジ放送の導入で大型の液晶テレビが広く出回って、我が家でも部屋ごとにテレビを買い替えて時代の流れに乗ったような感じでいたのです。ところが、その後は通常の液晶テレビよりも高画質なフルハイビジョンテレビが登場し、家電量販店で見かけた時には価格と段違いの映像の鮮明さにも驚くばかりでした。そして、ここ最近耳にするのが今までのテレビよりはるかに綺麗なそのフルハイビジョンの画質をさらに上回る4Kテレビです。

普通のフルハイビジョンテレビが1Kという位置付けであり、4Kテレビは画素がより細かく区切られて単純に4倍もの高画質の映像になっていることになります。一部の放送では徐々に試験的に4Kテレビに対応した映像が流れ、店頭でも新たなテレビとして販売に熱が入っています。画面も映画館並みの迫力がある50インチ前後の大きいものが主流になっていて、高画質の映像を目一杯楽しむことができるテレビだと言えます。もし、4Kテレビを購入したとするなら、合わせてビデオカメラもきっちりと対応したものが欲しくなるところではあります。

4Kテレビが販売されている以上は4K対応のビデオカメラもいくつか売り出され、実際にネット上では4Kで撮影された映像が注目を集めている状況です。そして、4Kの映像を高画質で圧縮した形で保存しようとした場合、変換ソフトが4Kに対応して無ければ圧縮は可能でも画質はハイビジョン程度に落ちてしまいます。そこで、iSkysoft 究極動画音楽変換 for Macというソフトなら4Kの映像を「4K MP4」という形でしっかりと保存できます。

Download mac version Download win version

4Kテレビで4K動画を再生には4K動画変換

それでは、「究極動画音楽変換 for Mac」で4k動画を変換する方法をご説明します。

1ソフトを立ち上げる

上記の「ダウンロード」ボタンをクリックし、ソフトをPCにダウンロードし、インストールします。そして、このソフトを起動させます。

24K動画をソフトに読み込む

直接4K動画をソフトにドラッグ&ドロップします。「編集」ボタンをクリックしたら、4K動画を自由に編集できます。

3動画をMP4形式の4K動画に変換

「出力形式」の「ビデオ」の項目から「4k video」を選択します。最後は「変換」ボタン押すだけの無駄のない手順で作業は終了です。この「4k video」の形式で4K動画をブルーレイにすることで、4Kテレビでも高画質を保った状態で映像を見られます。


この先、4Kの技術がブルーレイなどのディスクにも普及してくれば、4Kの動画をより簡単に4Kテレビで見られるようになるはずです。また、この「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Mac」はネット上に投稿されている4K対応の動画もダウンロードできるので、4Kテレビを活用する強力なお供になること間違いなしです。

Back to top