WindowsでFinal Cut Proを使う方法


Windows用のFinal Cut Pro




final-cut-pro

Final Cut ProはApple社が開発・販売したビデオ編集ソフトです。Final Cut Proは他の編集ソフトと一味違い、インターフェースが理解しやすく、初心者でも簡単に使える動画編集ソフトです。編集機能も豊富していて、映像にBGMやエフェクト効果・テキストの追加などのような編集も簡単なワンクリックで実現できます。まるでプロが作ったような本格的な映像を作成できる操作性・機能性の高いソフトともいえます。

残念なことに、、Appleの製品ということでFinal Cut ProがMacのみ対応しているため、WindowsユーザーはFinal Cut Proが利用できず、困っていた方も多いでしょう。

ここでは、 MacのFinal Cut Proと同様の操作性・機能性を持ち、さらにWindowsでも使用できる動画編集ソフトをご紹介したいと思います。



WindowsユーザーのためのFinal Cut Pro ――「iSkysoft 動画編集 for Windows」

今回、ご紹介するのは「iSkysoft 動画編集 for Windows」という編集ソフトです。

このソフトはFinal Cut Proなみの豊富かつ高い編集機能を持っているだけではなく、インタフェースや操作もシンプルでわかりやすく、ビデオ編集に慣れている方はもちろん、初心者の方にでも簡単に編集作業が進められると思います。

右側にあるのはこのソフトで使ったビデオです、ぜひご覧になってくださいね。

それでは、Windows用のFinal Cut Pro「iSkysoft 動画編集 for Windows」の編集機能を簡単にご紹介しましょう!

動画編集

「iSkysoft 動画編集(Win版)」

  • インターフェース分かりやすく、初心者でも簡単に扱える
  • 動画のカット・結合・BGM追加など様々な編集機能
  • エフェクト多種類内蔵、録画・再生速度変化など高級機能
  • Mp4、Mov、Wmvなど様々な形式ファイルを対応
  • PCへの保存、DVDへの出力、Youtubeへの共有
  • 対応OS:WindowsXP/Vista/7/8/8.1/10
  • Macユーザーはこちら⇒「iSkysoft 動画編集(Mac版)」



moviemaker-interface


おすすめ①:多様のファイル形式が対応

WMV、AVI、MP4、FLV、MOV、MKVなどよく見かけた動画ファイル形式から、MTS、DVD、VOBまでディバイス用の形式まで全部サポートできて、「iSkysoft 動画編集」を使ったら、動画・ビデオを形式変換せずにそのまま編集できます。

動画形式:
MP4, FLV, AVI, VOB, 3GP, 3G2, MOV, F4V, M4V, MPG, MPEG, M2TS, MTS, WMV, MKV, ASF, DV, HD など

画像形式:
JPG,GIF,JEPG

音声形式:
WMA, WAV, M4A, AAC, AC3, OGG, MP3



imovie-interface


おすすめ②:タイムラインで操作し、分かりやすい


編集したい動画をタイムラインに簡単にドラック&ドロップしただけで行えますので、操作は非常に簡単です。 動画のカット・トリミング・結合・回転などはタイムラインでワンクリックで実現してくれます。
① 結合したい動画をここにドラッグして、自動的につなげます。
② このボタンをクリックして、ビデオの編集画面に入ります。
③ 赤線をカットしたい所に移動させ、「はさみ」ボタンで動画をカットします
④ 入れたい音楽をここにドラッグして、動画に音楽を追加します。



moviemaker-interface


おすすめポイント③:プロ並みの編集がワンクリック

・フィルター・オーバーレーなどのビデオエフェクトを追加可能
・クリップの間に画面切り替え効果をかけて、動画の雰囲気を一新させ
・1つの動画に2つの動画を並べた動画を作成するというPIP機能
・手振れ補正、明るさ・彩度・コントラスト・ノイズ調整で動画の画質を向上させ
・早送り・スローモーションの動画をワンクリックで作成可能
・動画にある顔を他人に見せたくない場合は、モザイクやエレメントを覆わせる
・文字動画テンプレートが多種類内蔵、簡単にオープニング・エンドロードが作成
・録画・録音機能が内蔵されていて、ビデオにアフレコをつけることも可能




moviemaker-interface


おすすめポイント④:家族や友人にビデオを共有する


暮らしのいろいろな出来事を撮影して、自分のオリジナルの一本のムービーに作成して、自分の思い出を記録しようと思う人は結構いると思いますが、そのムービーを家族や友達に共有して、みんなと一緒に楽したいかたもたくさんあると思います。
Win用のFinal Cut Proである「iSkysoft 動画編集」は多様な共有方法があります。

PCに保存:指定のフォーマットに出力
ディバイス: iphoneなどのディバイスに適切な形式やサイズで出力
Webで共有:Facebook、Youtube、Instagramへ共有
DVD: ISOイメージファイル、またはDVDディスクに作成



moviemaker-interface


おすすめポイント③:プロ並みの編集がワンクリック

・フィルター・オーバーレーなどのビデオエフェクトを追加可能
・クリップの間に画面切り替え効果をかけて、動画の雰囲気を一新させ
・1つの動画に2つの動画を並べた動画を作成するというPIP機能
・手振れ補正、明るさ・彩度・コントラスト・ノイズ調整で動画の画質を向上させ
・早送り・スローモーションの動画をワンクリックで作成可能
・動画にある顔を他人に見せたくない場合は、モザイクやエレメントを覆わせる
・文字動画テンプレートが多種類内蔵、簡単にオープニング・エンドロードが作成
・録画・録音機能が内蔵されていて、ビデオにアフレコをつけることも可能






まとめ:

上記上げたように、「iSkysoft 動画編集」は操作・機能からあらゆる面では、絶対Final Cut Proに負けない動画編集ソフトです。
Final Cut Proを使えないWindowsユーザーはぜひこの動画編集ソフトを試して、自分のオリジナルムービーを作成してみてください。

操作手順をもっと分かりやすく説明するように、録画したビデオも用意されたいますよ。ちなみに、このビデオは「iSkysoft動画編集」で作成しましたよ!
ビデオも見て、また操作方法に疑問がある場合は、いつでも下側にコメントしてくださいね!

下記ボタンをクリックして、「iSkysoft動画編集」を試してみましょう!

関連トピックス

Home > 動画編集ソフトおすすめ > Windows用Final Cut Proご紹介
Top