TOP 5 Mac用のWMVプレイヤー

1. VLCメディアプレイヤー


様々なメディアファイル形式に対応しているマルチメディアプレイヤーです。 ネットワーク経由でストリーミングや色々なメディアファイルをトランスコードすることができるのが特徴です。

VLC Media Player

良い点:

  • 使用メモリやCPUの使用率も少なく、またハードディスクドライブの使用量も少ないため、システムがフリーズやクラッシュすることなく他のプログラムと同時に使用することができます。

惜しい点:

  • あまり一般的ではないファイルには対応していません。

2. iSkysoft 究極動画音楽変換 for Mac


様々な映像ファイルを一般的なフォーマットに変換できます。ビデオ変換機能、DVDコピー、作成、Webビデオをダウンロードする機能があります。

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Mac

良い点:

  • 話題の4K動画をMP4形式の4K動画に変換し、テレビやiosデバイスなどで再生でき、iPod、iPhone、iPad、Androidに最適な形式に直接変換することもできます。

惜しい点:

  • デバイスへ出力する場合、より低い解像度やビットレートが使われる可能性があります。

3. MPlayerX


MPlayerXはほぼ全ての形式に対応するフリーで、オープンソースのメディアプレイヤーです。Macユーザーに最も多く使われているプレイヤーでもあります。

MPlayerX

良い点:

  • 最も適したコーデックを利用して全てのビデオ形式を再生できます。

惜しい点:

  • ただ上級者向けであるところ

4. DIVX


DIVX Plus ソフトウェアはデスクトップのプレイヤーであり、ビデオ変換アプリケーションです。長時間の映像を小さく圧縮しても高品質な映像に変換できることで普及するようになりました。

DivX Player

良い点:

  • 高品質な映画、テレビ番組、ウェブクリップを作ることができるのが良い点です。

惜しい点:

  • 初心者には難しく、またコーデックが有料なのが惜しい点です。

5. QuickTime + Flip4Mac


Telestream社が開発したマルチフォーマットビデオプレイヤーです。OS Ⅹ標準の動画再生ソフトはQuickTimeです。

Flip4Mac

良い点:

  • これにプラグインの形で、WMVその他のフォーマットの動画再生を可能にする機能を付加させたのが特徴であり、良い点です。

惜しい点:

  • 日本語のサポートがなく、最近のバージョンでは有料化していることです。

TOP 5 Windows用(Windows 8)のWMVプレイヤー

VLC Media Player

1. VLCメディアプレイヤー


外部コーデックがなくてもほとんどのビデオ・オーディオ形式に対応できるマルチメディアプレイヤーで、様々なストリーミングプロトコルを再生可能なフレームワークです。

良い点:

  • 様々なOSに対応可能なクロスプラットフォームであることや、追加コーデックが必要ない点が良い点です。

惜しい点:

  • 日本語化けすることがあるのが惜しい点です。

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows

2. iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows


30倍の超高速で動画&音楽&DVD変換するための動画変換ツールです。

良い点:

  • 動画変換、音声変換、DVD変換、DVD作成、Web動画のダウンロードなど豊富な機能を装備している上に、4Kビデオの入力/編集に対応、4K動画をテレビやiOSデバイスに最適な形式に直接変換できるというさまざまなファイル形式に幅広く対応しているのが良い点です。

惜しい点:

  • デバイスへ出力する場合、より低い解像度やビットレートが使われる可能性があることです。

mpc-hc

3. MPC-HC(Media Player Classic - Home Cinema)


動画・音声ファイルの再生に特化しているソフトで、多くの動画形式やコーデックをサポートしています。再生に関しての基本性能を抑えつつも動作が非常に軽いです。

良い点:

  • 豊富なオプション、スパイウェアや広告、ツールもなく安心して使えるのが良い点です。

惜しい点:

  • カスタマイズできないのと、シンプルゆえに専門的な操作ができないところが惜しい点です。(プラグインや外部パックで拡張はできる)

GOM Player

4. GOM Player


多彩なコーデックを内蔵し、低スペックのPCでも軽快に動画・音楽再生が可能な韓国企業が開発したフリーのマルチメディアプレイヤーです。

良い点:

  • 現在主流の動画形式を再生でき、様々な機能があり、カスタマイズも可能で、初心者、上級者共に納得できるところが良い点です。

惜しい点:

  • しかし、データ容量も多く、インストールやアップデート時に他のソフトのインストールもすすめてくるため注意が必要なところが惜しい点です。

Windows Media Player

5. Windows Media Player


Windows PCユーザーであればご存知のマイクロソフト社製の定番メディアプレイヤーです。Windowsに標準搭載されており、動画・音楽再生、ライブラリー管理、ストリーミング再生などの機能が搭載競れています。

良い点:

  • 20年の長い開発によって高い完成度を誇り、ユーザーが使いやすいようにうまく設計されているところが良い点です。

惜しい点:

  • 惜しい点は動作が重く、再生できるファイル形式が限られているところです。

すべてのプレーヤーでWMVを再生する方法

上記のように、10のWMVプレイヤーを紹介したわけですが、それぞれ対応するファイル形式に違いがあり、一つのプレイヤーで全てのファイルを再生することは残念ながらできません。 しかしあなたの持っているWMVや動画ファイルをさまざまなプレイヤーごとに対応可能なファイル形式に変換することはできます。 変換すればお気に入りの動画ファイルを慣れ親しんだプレイヤーで気兼ねなく再生することができるのです。

サードパーティー製のソフトはたくさんありますが、私は「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows」 をおすすめします。

動画・音楽の変換や編集に慣れていない人でも簡単に操作できるよう設計されています。「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows」は短時間で、圧縮するときにありがちな劣化もなく、あらゆるフォーマットに変換でき、WMVはもちろん、DVDやウォークマン、PS4、Xboxなどのゲーム機、モバイルデバイス用の高圧縮なファイル形式にもマルチに対応! さらにDVD作成やWeb動画のダウンロードまで可能なオールインワン変換ソフトです。

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows

実際操作していただければ簡単にしかも短時間であらゆる形式に変換できることが分かると思います。はじめてのかたも、再生できず諦めていた方も、まずは体験版をダウンロード&インストールしてお試しください。

iSkysoft > WMV変換>

WMVをあらゆるプレイヤーに対応可能なファイル形式に変える

関連記事

ユーザーコメント

究極動画音楽変換 for Mac

初めての動画編集ソフトです、多機能なので慣れるまで少々時間がかかりますが、なかなか編集しやすいソ...

- たつや

メディア変換 for Mac

仕事でクライアントの動画ファイルを急遽iPhoneやiPad向けに変換しなければならくこのソフトを採用してみま...

- 高森

Back to top