結婚式といいますと、人生の一大イベントです。 式場の予約や引き出物、仲人、招待客選びなどやらなければいけないことが山ほどあります。その中には結婚式には今や必要不可欠なスライドショーも含まれるでしょう。

業者に頼むという方法もありますが、自分で作れば費用はかかりません。ここまでの人生を振り返りながら自作するのもいいものですし、自分にしか伝えられない思いも作品に込めることが出来ます。それでは具体的に結婚式のスライドショーとはどんなものか、そしてどういう手順で作るのかを紹介します。想像しているより簡単に作れるので必見です。

Part 1.結婚式スライドショー について

結婚する2人の生い立ち、簡単なプロフィールや、今までの経緯などを写真や動画を使って作るショートムービーのようなものです。これといった決まりはなく、作り手次第でさまざまな種類のものがあります。中にはある番組のドキュメンタリー風のものや映画のパロディー、出会いの再現ドラマなど製作者の個性によります。出来次第では一生心に残るものになるでしょう。

実際作るとなると大変なのではないか?

やっぱり業者に頼んだほうが無難かな?と思われる方もいるでしょう。

しかしこれから紹介するおすすめソフトを使えば、誰でも簡単に思い出の写真や動画を使って結婚式のスライドショーやムービーが作れてしまうのです。これを使わない手はありません!


それでは思い出に残るムービー作成ソフトiSkysoftスライドショーメーカーfor Windowsの使い方を紹介します。

Part 2. .iSkysoft スライドショーメーカー for Windowsを使って作成

素材の追加

まずは「無料お試し」をクリックし、ソフトをダウンロードした後、インストールします。
プログラムを立ち上げ、「フォトムービーモード」をクリックします。(動画を扱う場合はビデオ編集モードをクリックします。)するとファイルが表示されるので、希望のファイルを選択し、「ファイルを追加」をクリックします。ちなみに「パーソナライズ」をクリックするとスライドショーをカスタマイズ出来ます。

素材の追加

メニュー選択 編集

メニュー選択

画面左上の「編集」をクリックします。メニューを用意されたさまざまな種類のテンプレートから選んで動画に追加できます。もちろんバックミュージックやエフェクトを入れたり、編集も出来ます。編集した結果は右のプレビューウィンドに表示されるので、リアルタイムにチェックすることが出来ます。

DVD作成、完成品の保存、変換

完成したら、後はDVDに焼くか、希望の動画ファイル形式に変換することが出来ます。
これで完成です。作った作品は動画として「ビデオ編集モード」で更に詳細な編集が可能です。フォトムービーモードでも十分見応えのあるスライドショーを作成できますが、更に映画のようなクオリティの作品を作りたい場合はビデオ編集モードで豊富な編集機能を使った動画作成をおすすめします。

DVD作成、完成品の保存、変換

いかがでしたでしょうか? 機能が豊富で紹介し切れませんでしたが、実際やってみると多数のカスタムテーマが用意されているので選択するだけでも素晴らしい作品ができますし、操作も直感的で分かりやすいものになっています。初心者の方でも使っていくうちにどういう演出をすればより完成度が増すのか段々とわかっていって編集機能も使いこなせるようになるでしょう。

またDVDに焼いたり、動画ファイルにして式に来られなかった方にも作品を見せることが出来ます。編集からDVD作成までこなすiSkysoftスライドショーメーカーfor Windowsをぜひお試しください。

Back to top