自炊した電子書籍(PDFファイル)をKindleで読むには

その中で、いわゆる自炊と呼ばれる行為はご存じですか?この自炊ですが、ご自身のパソコンとスキャナーを接続して、書籍をスキャンしJPGフォーマットで保存したり、PDFフォーマットで保存をする行為を指しています。スキャンする画質などが、スキャナーの能力にもよりますが、付属ソフトでPDFファイルとして取り込むことができる物が一般的です。自炊は案外大変な作業になります。

自炊するために本を裁断するか、立体スキャナーのような高価な物を用意するかして、スキャンした結果が実際の本としてしっかり読める状態にしなければなりません。

一般的な自炊後の保存はPDFファイルですが、付属のPDFソフトが独自の物であった場合などPDFの圧縮率を調節することでせっかく取り込んだ画像が潰れてしまうことがあります。

お気に入りの本をスキャンして、PDFファイルに変換したのに思っていたよりも画質が悪く、やり直しをするなんて事があるととても手間ですね。また、スキャン後、PDF化した書籍をどのようにして読むかも、考えなければなりません。パソコンではわざわざ本を読むために立ち上げるのは面倒ですし、スマホでは画面が小さくて読みづらいですね。そのようなときには、amazonが販売しているKindleはいかがでしょうか。OSはandroidをベースにしたオリジナルの物ですが、PDFファイルを読み込ませて文庫本を読むように持ち運ぶには持ってこいの大きさです。

KindleではPDFファイルを読ためには、追加でアプリをインストールする必要がありますが、それはストアですぐに入手できます。それよりも、自炊したときに作成したPDFファイルの容量は確認されましたか?もしも100MBを超えるような大型なファイルになってしまっていたら、是非ともiSKysoft社製 「PDF編集」を使って画像・文字を潰すことなく綺麗に圧縮して頂きたいと思います。

サイズが小さくなれば、それだけたくさんのデジタル書籍を持ち出せますし、実際に読む時も軽快に動きます。

自炊後の後処理に、「PDF編集For Mac」を是非とも利用してみてください。

iSkysoft「PDF 編集 For Mac

関連トピックス

Home > PDFを他のOffice形式に変換 > 自炊した電子書籍(PDFファイル)をKindleで読むには
Top