Filmora 動画編集 for Windows

ステップ·バイ·ステップのユーザーガイド

  • 製品のインストール

    1-1 製品のダウンロード
    1-2 製品のインストール
    1-3 試用制限について
    1-4 製品の登録


    1

    1-1製品のダウンロード

    1)下記「無料体験」ボタンをクリックします。製品のプログラムをダウンロードします。

    2

    1-2製品のインストール

    1)ダウンロードが完了したら、ブラウザのダウンロードマークをクリックし、ダウンロードした .exe ファイルをダブルクリックしてください。  

    2)エンドユーザー使用許諾契約書を同意します。

    3:インストール先を指定し、製品のインストールを開始します。画面の指示に従って操作します。

    3

    1-3試用制限について

    無料体験版では、作成したファイルには、透かしが自動的に追加されます。
    透かしを消去するには、

    1. 無料体験版で編集したファイルをプロジェクトとして保存します。
    2. 製品を購入します。
    3. 購入後、製品版になります。プロジェクトを直接に開きます。
    4. これで作成したファイルには、透かしを追加することはありません。

    画像をクリックすると拡大します
    filmora


    「Filmora動画編集(Win版)」をご購入するには下記ボタンをクリックしてください。

     

    4

    1-4製品の登録
    製品を購入して、製品登録コードを取得したら、正式版に登録できます。

    1)「メニュー」ボタンをクリックします。 
    「メニュー」設定は、製品のメイン画面の右上にあります。

    2)「製品登録」をクリックします。


    3)電子メールで送信された「製品登録情報」を入力します。
    登録コードを「登録コード」に入力します。 電子メールを「電子メール」に入力します。

    *注意:登録情報を入力時に、スペースがないことを確認してください。

    4)「購入」または「製品登録」ボタンをクリックします。 
    5)登録完了。製品のすべての機能を利用できるようになります。

    ご登録に関する注意事項:

    登録メールのメールアドや登録コードなどの情報をコピー&ペーストする際には、スペースがないことをご確認お願いいたします。 
    ほかご登録時に何かご問題がありましたら、弊社サポートセンター http://support.iskysoft.jp/ までご参照をお願いいたします。

    もう一つ方法は下記の「購入」ボタンをクリックし、製品版を購入しましょう。

     

    TOPへ

  • 簡単編集モード

    初心者でも簡単な操作で動画編集を楽しめます!

    新規ムービー作成は、画面比率を選択します。それから、「簡単編集モード」かまたは「高度編集モード」を選択します。

    Step1:メデイアファイル追加

    ビデオや写真を追加します。「インポート」ボタンをクリックして、ビデオや写真を選択して取り込みます。フォルダーを追加することもできます。

    もしくは「メディアファイルをインポートしてください」からビデオや写真を取り込みます。

    Step 2:テーマを選択

    ムービーの作成を開始する前に、テーマのテンプレートをここで選択してください。 オープニングとエンディング、タイトル、BGMなどが簡単使えるため、あまり動画編集が上手くない方でもクオリティーの高いものが作れます。 この機能は最近のホームユース向けの動画編集ソフトではよくある機能です。

    選択したテンプレートにマウスを重ねると中央にDownloadのアイコンが現れますからそれをクリックすると選択できます。「Download More」ボタンをクリックすると、その他のテンプレートをダウンロードすることができます。好きなテーマを選んでから、「次へ」を押して「音楽を選択」画面へ行きます。

    Step 3:音楽を選択

    推奨音楽から選択するなら、「」をクリックしてローカルで保存した音楽を選択してください。

    「次へ」をクリックして「プレビュー」に入ります。

    Step 4:プレビュー

    プレビュー画面では、「オープニングタイトル」、「エンディングタイトル」と音楽(BGM)を追加できます。

     チェックボックのチェックを外したら、オリジナルの音声がなくなります。

    この画面でははじめしばらく画面が固まります。 ここでフリーズしたと思いマウスをポチポチする人が多いのですが絶対に終わるまで待ってください。

    完了後、「次へ」をクリックして「保存と共有」に入ります。

    Step 5:保存&共有

    「保存と共有」画面では、「形式」、「デバイス」「Youtube」「Facebook」「Viemo」の五つの選択肢があります。この画面ではデバイスの設定をプロファイル化したところから選択出来たり動画の形式を選んで作成、あるいは直接Youtubeにアップロードするなどから選択することができます。

    出力の説明の画面では名前や保存先、解像度の変更ができます。

    名前は(例 運動会 体育祭 お遊戯発表会 誕生日など)に変更できます。

    Youtubeで共用

    Youtubeへのアップロードではタイトルだけでなく、説明、タグ、公開設定がこのソフト内だけで決めることができるのでアップロードされたあとにわざわざYoutubeサイトに行き再度情報の編集の必要がないため、良くYoutubeに動画をアップロードする人には大変助かる機能です!

  • 1

    メディアファイルの入力·追加

    高度編集モードの操作流れは下記の通りです。

    Step1: 動画・写真の追加
    Step2: 多彩なエフェクトと編集機能の追加
    Step3: 保存形式の選択

    続いては一つずつ説明します。

    「動画編集 プロ」を起動後、素材として動画などファイルを追加することができます。 「追加」ボタン、またはボタン脇の逆さの三角をクリックすることで、ファイル追加が可能です。WMV、M2TS、FLV、MTS、MKV、MPGなど、多様なファイル形式をサポートしています。

    「追加」ボタンの右端のプルダウンリストでは、ファイル形式による選択もでき、選択肢として「すべて」、「ビデオ」、「画像」と「オーディオ」があります。 次に、編集したい素材を右クリックし、メニューから「クリップを追加」、または、ドラッグ&ドロップで、編集素材を追加することができます。

    ユーザーアルバムに読み込ませたらタイムラインにドラッグできます。

  • 1

    高度編集モード

    「高度編集モード」ではより多くの編集操作ができます。「高度編集モード」を使って作品らしくなります。

    高度編集モードの画面の概要:

    メディアライブラリー、ツールバー、タイムライン、プレビューウィンドウの四つ部分からなっています。

    ビデオ,写真及びオーディオの編集

     

    メディアライブラリー:ビデオ、画像、音声、音楽素材を配置するエリアです。取り込んだビデオ、画像、音楽はここで一目にみえられます。

    ツールバー:よく使用する機能をまとめたツールボタンを並べたものです。ツールボタンをクリックすることで、そのツールボタンに割り当てられた機能が使えます。

    タイムライン:ビデオ編集などにおいて作品全体の流れを時系列で管理する機能のことです。ビデオ編集におけるタイムライン機能では、映像の切り替わりやBGM、効果音の発生などのタイミングを簡単に把握・編集することができます。

    ストーリーボード:ビデオや写真など一連のユースケースの表現であり物語の順序にまとめる、映画の伝統から派生したツールです。これを使うと、視覚的かつ直感的にビデオ編集を進めていくことができます。

    プレビューウィンドウ:実際に処理する前に、結果のイメージを表示する機能です。プレビューを見て意図した通りの結果が得られるかどうかを確認できます。

    高度編集モードでは、簡単編集モードではできなかった多彩なエフェクトと編集機能の追加がされています。

    多彩なエフェクトと編集機能は、「音楽」「テキスト/クレジット」「フィルター」「オーバーレイー」「エレメント」「トランジション」「分割表示」があります。

     

     

    タイムラインと ストーリーボード

    タイムラインにドラッグしたファイルを右クリックして、編集機能から「分割」と「結合」、特殊効果(パワーツール)から「モザイク・指定の顔を変える」を使います。

    タイムラインのトラックはデフォルトでビデオ、エレメント、音楽のみが表示されていますが対象のものを挿入すると自動で他のトラックが出現するためトラック数変更をいちいち手動で行う必要がありません。タイムライン上で表示時間と表示場所の変更ができます。

    注意: ビデオも画像もここに入ります。

    タイムラインを拡大縮小させる

    ビデオ全体の構成を考えると、タイムラインを拡大また縮小すると、作業効率があがる場合があります。編集の状況に合わせてタイムラインを拡大ま縮小を行ってみましょう。

    ストーリーボード

    ストーリーボードとは、ムービー作成に使用する写真や音楽などを配置しておく場所のことです。写真や音楽への設定内容もここに表示されます。


    手振れ補正(ビデオ安定化)

    メディアライブラリーのビデオコンテンツの不安定な映像を固定することができます。携帯やカメラの手振れのせいで、ぼやけた画像を補正する可能があります。

    以上の画面通り、メディアライブラリーのビデオを右クリックして、「手振れ補正」を選びます。

    ビデオ安定化をした後に、以下画面が出てきます。


    動画キャプチャー

    ソフトの「録画」というボタンをクリックして、「コンピュータスクリーンを録画」を選びます。

    「スクリーンレコーダー」で詳細設定をします。


    音楽(BGM)とサウンド追加

    オーディオ(音楽を取り込む)BGMを追加

    音楽の入ったフォルダを開いておく 必要なファイルをタイムライン上にドラッグアンドドロップする。 複数読み込む場合はShiftキーやCtrlキーを上手く利用しましょう。

    ※1読み込んだ音楽の場所を変えると、 取り込んだ音楽のブルーのバーをドラッグして、移動したい場所にもっていきましょう。 
    ※2音楽のボリューム調整

    取り込んだ音楽のブルーのバーを右クリックすると、「編集」から再生速度、ボニューム、フェードイン、フェードアウト、ピッチなどが調整できます。

    動画編集プロで使用できる音楽のファイル形式は、 wma、 wav、 mp3などです。 アプリケーション中にはあらかじめ20+曲も用意されいます。「Download more」をクリックしてダウンロードしてください。もしくはローカールで好きな音楽を追加してもいいです。

    サウンド

    音の追加ができます。いろんな音声効果をここで追加できます。

    右クリックし、「適用」を選択して、サウンドを追加できます。


    録画 録音

    臨場感あふれる映像・音源そのままに、撮る・録る

    録画する前に、カメラやマイク音源が必要です、カメラを接続すれば、キャプチャーがもっと便利に! キャプチャーの一時停止と再開機能で、キャプチャーしたいところだけ「いいとこ撮り」もできます。

    録音

    高品質な録音も簡単!ナレーションも録音できます。いい音で録画するには、しっかりとしたマイクが必要です。 マイクやラインから演奏音楽などの音声を簡単に録音することができるので、あらゆる音声をムービーのBGMや効果音素材として利用することが可能です。


    テキスト/クレジット

    テキストはテンプレートから選んで中の文字を変更するだけで簡単にデザイン性の高いテキストを挿入することが出来ます。動画にテキストのモーションを追加できます。

    「テキスト/クレジット」ボタンをクリックすると、テキストのモーションを選択することができます。

    選択したテキスト様式を下のタイムラインまでドラッグして、表示時間を調整します。(ストーリーボードを利用して、微調整可能)。

    タイムライン上に現れたテキストモーション部分に表示される「T」を右クリックし、メニューから「編集」ボタンを選択すると、下図の画面になります。

    ここでは文字の編集、色、サイズ、フォント、アニメーション、スタイルなど自由度の高い編集ができます。  

    クレジットを紹介します。テンプレートをいくつか用意しております。それらのテンプレートを使うことで、更に動画を素敵に仕上げることができます。

    テンプレートを選択すると動画の前後に追加できます。 これを使用するとDVD等のホームムービーを作成するときにおしゃれに何のムービーなのかを表すことができるためホームムービーを良く作成する人には便利な機能です。

    クレジット
    動画の最後にスタッフロールのように文字を流します。

    好きなテンプレートを選んで右クリックして「適用」をクリックしてから適用できます。


    フィルター

    映像に特殊な効果を持たせることで、独特の雰囲気を与え一味違った映像に変化させることができます。映像や音声に対して特殊効果を与えることができるエフェクト何種類があります。

    フィルタータブでは動画に色を持たせることが出来ます。下の画像を見ると分かる通り動画をフェイクフィルム、ロモグラフィーなどへ簡単に変更することが出来ます。

    「フィルター」ボタンをクリックすると、プレビュー画面でその効果を見ることができます。気に入ったフィルターのエフェクトがあったら、そのエフェクトの上で右クリックし、メニューから「適用」を選択します。

    また、フィルター内では映像のカラーバランス、コントラスト、カラー補正、鮮明度など直接映像のクオリティ(画質)を補正する機能も搭載しています。


    オーバーレイー

    オーバーレイ(Overlay)とは、何かの表面を薄く覆い、透過色を変えることです。以下画像通りの効果があります。

    「オーバーレイー」タブをクリックして、好きなオーバーレイーエフェクトを右クリックし、「適用」を選びます。


    エレメント(ピクチャー・イン・ピクチャー)

    エレメント(ピクチャー・イン・ピクチャー)では動画の上にこのようなスタンプを使用することができる機能です。エレメントタブ上部はあまり用途が思いつかない物が多いのですが、下のところにはフレームが多数用意されておりこちらは色々と使えます。

    そして「エレメント」ではこのようなスタンプを利用するというより動画の上に動画を入れるときによく使うためこの機能は動画編集では欠かせない機能です。メインの映像素材に別の映像素材を重ねる映像効果のことです。テレビのバラエティ番組でよく見られると、メインの映像の端に小さな映像を重ねる演出が可能です。

    ピクチャー・イン・ピクチャー機能はとてもユニークな機能です。 「エレメント」ボタンを押し、表示されたイラストをタイムラインにドロップしてください。動画上にそのイラストが重なって表示されます。

    「エレメント」のイラストに編集を加えたい場合、タイムライン上のエレメントトラックでのビデオや画像を右クリックし、出てきたメニューから「高度な編集」を選択します。

    下図の画面が表示され、「マスク」、「エフェクト」の設定ができるようになっています。これらの設定を駆使することでイラストに様々な加工を施すことができます。


    トランジション(画面の切り替え)

    画面切り替えの効果のことをトランジションといいます。 トランジションタブでは動画と動画の区切れ目をぶちっと切れてしまうと変なので違和感無くつなぐために必要な機能です。

    ある程度の種類が揃っているためあらゆる動画に対応出来ます。映像と映像の繋ぎや、映像中のシーンの変化などにメリハリをつけたい、逆に自然に繋げたいなど、映像間の処理で多く用いられるトランジションも多数収録されています。

    トランジションを追加すると、スムーズに画面が切り替わるので、映像が一段と洗練された印象になります。

    ラジションも同様にドラッグをしてタイムライン上にはめ込みましょう。選択したトラジションを右クリックし、メニューから「適用」を選択するとタイムラインへのはめ込みができます。

    分割表示

    この機能は複数のムービーを一気に1画面に表示することが出来る機能です。 簡単に言うと、分割表示は複数の画面を一つの画面に表示することです

    分割モードは、2分割 (4種類) /3分割 (7種類) /4分割(7種類)/6分割(1種類)4パターンを装備し、多彩な分割表示が可能になります。特に3スクリーンの分割方法は特徴的でかっこいい感じがします。

    もう一つ覚えておきたい機能が「分割」です。オブジェクトをオレンジのラインでカットし、2つのオブジェクトに分離する機能です。。例えば先ほどの明るさ調整などは、オブジェクト単位でしか行えないので、「このオブジェクトの明るさを後半だけ暗くしたいな」というときは、暗くしたいところでカット」、後半のオブジェクトだけ編集してやるといい。同様に、BGMをカットして後半を少し移動してやれば、「BGMが突然途切れて、一瞬経ってから続きが再生される」という演出も可能になる。いろいろと応用の利く便利な機能なので使いこなしたい。

    クロップ

    デジタルカメラやフォトレタッチソフトなどで、画像の一部分を切り出すことです。トリミングとも言います。トリミング枠の四隅にあるハンドル(白い四角形)をマウスでドラッグしてトリミング枠を写真の横幅と同じ大きさまで広げます。

    トリミング枠の中をドラッグしてトリミングしたい位置にトリミング枠を移動します。

     

    トリム

    1 つのビデオファイルを複数のクリップにトリムするには

    ビデオの複数カット機能を使用することでも、クリップを複数のセグメントに分割できま。

    スナップショット

    ビデオクリップから静止画を撮ることです。人物などの瞬間的な動作や表情をすばやく撮影できます。

    タイムライン上で特定のフレームを選択し、画像ファイルとして保存すると、編集ワークスペースで静止画像を取得できます。「編集]> [静止画として保存]の順にクリックします。静止画像が自動的にライブラリに追加され、作業フォルダーに保存されます。

     

    チルトシフト

    写真をミニチュア風・ジオラマ風にする加工のことを、チルトシフト加工と呼びます。基本的には 写真の上下左右をぼかす コントラストを強くする色を鮮やかにすることで実現しています。

    「チルトシフト」をクリックして、「チルトシフトを適用」チェックマークを入れると、黄色い枠が出ます。点線を調整することで、画面のフォーカスを調整できます。

     

    モザイク

    必要とするところにモザイクを付けます。

    インポートした動画をタイムラインへ入れ、パワーツール をクリックします。 パワーツール「」の「モザイク」をクリックして、「モザイクを適用」チェックマークを入れます。

    「追加」をクリックするとプレビュー画面に黄色い枠が表示されますので、位置と大きさを変更します。

    「追加」アイコンを押すごとにモザイクを入れたい黄色い枠が出ますので、モザイクを入れたい場所へ移動と大きさの調整を繰り返します。 割合のスライドバーからモザイクの大きさを調整することができます。

    複数のモザイクの大きさは、個別に調整はできません。写真などの画像ファイルも同様にモザイク処理できますが、画像ファイルとして保存できません。

    指定の顔を変える

    表情豊かでいろんな場面で使えるスタンプが揃ってます。しょんぼり顔がかわいい。

    人の顔を自動的に検出し、内蔵の顔素材で画面上の顔を変えます。

    ビートでジャンプカット :ビート時間を調整することで、飛躍的に画面をカットすることができます。

    *写真編集の場合は、この機能はありません。

    ビデオを逆再生

    逆再生とは、楽曲・動画の記録されたままの時間が進む方向を逆にして再生することである。 動画を逆再生させる場合は「ビデオクリップを逆再生」のオプションにチェックを入れます。 この機能を使うと、とても面白い動画を作られますよ。

     

    フラッシュとホールドの使い方

    フラッシュとホールドを使って映像を強調 フラッシュとホールドは「映像を少し静止させ、そのあとに再び動かす編集テクニック」です。フラッシュ・ホールドを使うことで、映像にスピード感を与えたり、シーンを強調したりすることができます。

    フラッシュとホールドを使うため、まずはフラッシュとホールドを適応したいクリップを選びます。

    クリップを選んだら、「フラッシュ&ホールド」ボタンをクリックします。赤い枠をドラッグして、フラッシュとホールドのエフェクトを適応させる範囲を決めます。

     

  • 1

    作成したビデオの保存や共有

    編集完了後、形式、デバイス、ウェブサイト(YouTube及びFacebook)とDVDの四つの出力方式であなたの作品を出力できます。

    1.形式:ビデオをAVI、WMV、MOV、FLV、MP4、MKVやMPEGなどのビデオ形式として出力します。

    2.デバイス应用:iPhone,iPad,iPod的touch、PSPなど、多様な機種が選択可能です。名前や保存先を設定してから、「作成」ボタンをクリックすると、ビデオがデバイスに最適の形式に最適化されて出力されます。

    エンコーダーや解像度などを設定したい場合は、「詳細設定」をクリックすると設定できます。

    3.YouTube/Facebook/Vimeo:アカウント情報やビデオ情報(カテゴリー、タイトルや説明など)を入力すると、直接にビデオをYouTubeやFacebookにアップロードでき、これらのウェブサイトに公開できます。

    4.DVD:DVDラベルなどのDVDパラメーターを設定してから、ビデオをDVDやISOイメージファイルに作成できます。

    作成したビデオの保存や共有

ビデオを見る

おすすめ商品をチェック!

https://images.iskysoft.jp/newphoto/win-vcu/box100.png
6980円

5580円

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows コメント(7)

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windowsは非常に高い互換性の高いソフトで、動画変換、音声変換、DVD変換、DVD作成、Web動画のダウンロードなど豊富な機能を装備するスーパーソフトウェアです。

https://images.iskysoft.jp/newphoto/win-dvd-burner/box100.png

3980円

iSkysoft DVD Burner for Windows コメント(4)

ビデオをDVDディスクに作成するには、強力な機能を持つ「iSkysoft DVD Burner」が最適です。

https://images.iskysoft.jp/newphoto/win-data-recovery/box100.png
4980円

4280円

iSkysoft 万能データ復元! for Windows コメント(6)

削除されたデータ、フォーマットされたデータ、消えてしまったデータを完全に復元します。

Back to top