Macユーザーならぜひ!Macでのデータ復旧について

データ復元について

重要な業務文書、写真、動画や音楽など、お使いの Mac 上で削除されたファイルを復元する必要がありますか? お使いの Mac からファイルまたは全パーティションが消えたことはありませんか? 外部 USB ドライブまたはカメラカードへのアクセスで問題はありませんか? こんな時に、データの復旧についてをご紹介します。

1.Time Machine

2.iSkysoftの「万能データ復元 For Mac」

Time Machineはシステムファイル、アプリケーション、アカウント、環境設定、メールのメッセージ、音楽、写真、ムービー、書類など、Mac 全体を自動的にバックアップをすることが出来ます。 ここでは、デスクトップに置いていた画像データを間違ってゴミ箱に入れ、消去してしまった場合を例に、Time Machineを使って復元する方法をご紹介します。

STEP1:Time Machineに入る

DockにあるTime Machineのアイコン(無い場合は、アプリケーションフォルダーからTime MachineのアイコンをDockにドロップして下さい)をクリック、または上のメニューバーの右上にある左周りの矢印のマークを選択し、「Time Machineに入る」を選択して下さい。

STEP2:画面が切り替わる

Time Machineの画面に切り替わります。現在のデスクトップのTime Machineの画面です。

STEP3:タイムラインを使って消したデータを探す

インドウ右側にあるタイムラインを使って、デスクトップから消してしまった画像を探しだします。デスクトップのフォルダー内にアイコンが1つ増えたのがお分かりになるでしょうか。これが消してしまった画像データです。

STEP4:復元する

Time Machineにバックアップされていた消してしまった画像を復元させます。アイコンを選択し、右下にある「復元」をクリックしてください。

完了

Time Machineの画面から、通常のデスクトップ画面に戻ります。デスクトップ上に、またデスクトップフォルダーに復元した画像データが表示され、復元が完了します。

ただ、Timemachineを使ってバックアップを取っていたら、復旧(リカバリ)させることは簡単ですが、バックアップなしで復元をしようとおもったら、技術が必要だそうです。そこで、「万能データ復元!」でデータを復元する方法をご紹介します。

万能データ復元!」を選んだポイント:


万能!「万能データ復元!」を利用すれば、Mac HDD、外付けHDDあるいはその他のストレージデバイス( iPod、USB ドライブ、SD カード、デジカメ、モバイルフォン、MP3/MP4プレーヤーなど)から消えてしまった写真、ビデオ、ドキュメント、Eメール及びアーカイブファイルを復元します。 

無料! 「万能データ復元!」は有料のソフトですが、フリー版もあります。使用に関しての制限もありますが、一度だけの復旧ならばフリー版でも十分使用できます。


STEP 1:復旧モードを選択

「失われたファイルの復元」モードを選択し、このモードをクリックします。

STEP 2.ドライブをスキャン

ドライブを選択してから、「スキャン」ボタンをクリックして、スキャン開始しました。そして、「ゴミ箱」を選択します。

STEP 3.復元したいファイルをプレビューし、このファイルを復元します。

以上で完了です!

お勧め製品

iSkysoft 万能データ復元!For Mac

  • 削除されたデータ、フォーマットされたデータ、消えてしまったデータを完全に復元。
  • Mac HDDからデータを復元。その他のストレージデバイスも多数対応。
  • プレビュー機能付きでデータを復元する前にデータの詳細が確認可能。
  • 無料体験版では、イメージ、ビデオ、ミュージック、ドキュメントやアーカイブファイルなどのデータをスキャンし、プレビューすることができます。
Back to top