Macをお使いの皆さんは良くご存知となるMOVですが、MOVはApple社が開発したもので、QuickTimeに使われています。Apple社が開発したMOV以外にはMP4、AVI、M4V、AVCHDなどありますが、音楽に向いているものや映像に向いているものなど、それぞれに違いや特徴があります。

そこでMOVと、MP4、AVI、M4V、AVCHDの比較をしてみたいと思います。

A: MOV vs.MP4

MP4は圧縮率が高くてデータ量が少なく、様々なデバイスに対応しやすくなっており、QuickTime、iTunes、iPodでも再生可能となりますが、低スペックのマシンを使うと作動しないということもあります。

一方MOVは、画質がきれいで多重音声コーディックに対応しているといったメリットもあり、Macでは主流となっています。

mov vs mp4 

B: MOV vs .AVI

AVIはMicrosoft社によって開発されたもので、様々な動画形式を選べて汎用性が高いのですが、必要なコーディックをインストールしなければ再生しないこともあります。
一方MOVも、同じく必要なコーディングをインストールしなければなりませんが、AVIより規格が新しいので、安心して使えるといったメリットもあります

AVIは主にWindowsで主流になっていますが、MOVもQuickTimePlayerがあればWindowsでも使うことができます。

mov vs avi 

C: MOV vs .M4V

M4VはiTunesのデフォルトフォーマットで、MOV はQuickTimeのデフォルトフォーマットとなります。M4Vはあまり汎用的でないというデメリットがありますが、一方のMOVは、様々なコーディックをサポートしているため汎用性があり、どちらかというとMOVの方が扱いやすいと思われます。

mov vs m4v 

D: MOV vs .AVCHD

AVCHDは圧縮符号化技術によりハイビジョン映像に使われるもので、圧縮率が非常に優れており、DVDなどの作成に適していますが、AVCHD対応の再生プレーヤーでしか見ることができません。他にも国際的な規格ではなく、著作権の保護がないといったデメリットもあります。

一方MOVは、DVDなどの作成はAVCHDよりは劣るものの、iOSに転送することやYouTubeにアップロードすることができるといったメリットがあります。

mov vs avchd 

このようにMOVと、MP4、AVI、M4V、AVCHDの比較をしてみましたが、それぞれ良さがありますので、用途によって変換して楽しむことが良い方法だと思われます。

Back to top