iSkysoft > AVI変換>

MacでAVIからiPhone用に変換

MacでAVIファイルをiPhone用に変換

  

ちょっとの間、ハードドライブに保持するにしろ、torrentから映画をダウンロードしたにしろ、AVIファイルはいくつかMac上にあるでしょう。そしてiPhoneのユーザーとして、AVIファイルがiPhoneでは使えないとご存知かもしれません。元々のMacのアプリはiTune含めてAVIフォーマットをサポートしていません。これはAVI形式にまとめられたファイルをiTuneを通して同期し、iPhoneで使うことができないということを意味します。

またiPhoneがサポートするフォーマットMP4、MOV、M4Vのビデオを転送する必要も出てきます。こうした場合、最初にAVIをiPhoneとの互換性のあるフォーマットに変換する必要があります。そうですね、MP4なんか良いかもしれません。そうしたMac変換を行うためには、専門的なアシストが必要になります。

iSkysoft「究極動画音楽変換 for Macは専門的でありながら、使うのが簡単なソフトでもあり、iPhone 4S、iPhone 5、iPhone 5S、iPhone 5Cに最適化されたプリセットも提供しています。このソフトを使うのは、他よりも大いに推奨されます。なぜなら変換速度に優れ、バッチ変換もサポートしているので、ユーザーにiPhone用にAVIを変換するのに無駄な時間をとらせません。

AVIファイルをiPhoneで再生できるようにMacでAVIをiPhone用に変換

1

究極動画音楽変換 for Mac」にAVIファイルを読み込む

立ち上げたプログラムにAVIファイルを直接ドラック&ドロップするか、ファイルのメニューから「メディアファイルを読み込む」を選んでAVIを読み込みます。バッチ変換の機能もあるので、複数のビデオファイルも追加できます。ちなみに、もしこうした複数のファイルを一つに組み合わせる場合は、メインとなるインターフェイスの下部にある「結合」ボタンをONにします。

MacでAVIをiPhoneに変換

2

出力形式を選択する

出力形式リストの「デバイス」からiPhoneの機種を選択します。新しいiPhone 5、iPhone 5S、iPhone 5Cに対応します。

MacでAVIをiPhoneに変換

編集機能も提供されています。詳細情報:「究極動画音楽変換 for Mac」のユーザーガイド

3

MacでAVIからiPhoneに変換

「変換」ボタンをクリックし、AVIの変換を開始します。賢い「究極動画音楽変換 for Mac」が自動的に残りの部分はやってくれます。 変換されたAVIファイルは、直接iTuneに送ることができます。これにより手動でiTuneにアップロードする手間も省けます。

ヒント集:AVIをQuickTime ProやQuickTime Xで再生する

AVIファイルをQuickTimeで再生するには、Perianのダウンロードが必要となります。これは無料の環境設定パネルであり、QuickTimeでAVIやその他のファイルを使えるようにします。

 

お勧め製品

メディア変換 for Windows

メディア変換 for Windows

4280円
3680円

メディア変換 for Windowsはあらゆるメディアファイル変換に対応可能で、強力なメディア変換ソフトです。


メディア変換 for Mac

メディア変換 for Mac

4580円
3880円

高速かつ高品質に任意のビデオフォーマットを変換。

人気記事

Back to top