MacでファイナルカットにAVIファイルを取り込むする方法

MacのFinal Cut ProにAVIファイルをインポートすることができますか?VLCプレーヤーで開くことができますが、QuickTimeとFCPはAVIファイルを開けられないそうです。それらをFCPに追加して編集したいです。いい解決策はありますか?

さて、Final Cut Pro(Final Cut Express)は、DV、MOV、M4V、MP4とカメラからのいくつかのAVIファイルなどのわずかなファイル形式を認識します。ですから、Final Cut Proで受け入れられないAVIファイルを持っているときは、Mac OS X(10.10 Yosemiteを含む)でFinal Cut Pro(Final Cut Express)に対応できる形式にAVIファイルを変換する必要があります。

この記事では、MacでAVIビデオをFCPファイルに変換する方法を書いています。専門的な「avi final cut pro」(Mac版)を使用して、良質な変換ファイルをもらえます。このソフトは最新のMac OSX 10.10 Yosemiteに対応します。「aviファイルをFCPに追加」アプリの使用方法をご案内いたします。

ステップ1:Mac Yosemiteに対応するビデオ変換ツールにAVIファイルを追加します。

2つの方法があります:直接AVIファイルをコンバータにドラッグ&ドロップします。それとも、 「ファイル」メニューから「メディアファイルを読込む」を選びます。1回でAVI動画をfinal cut pro xに変換 したいなら、一度に複数のファイルを追加することができます。

macでaviをFCPに追加

ステップ2:出力形式として「Final Cut Pro」を選択します。

直接「Final Cut Pro」を設定することができます。その時、ビデオの解像度、ビットレート、フレームレートは自動的に最適化されました。

macでAVIファイルをFCPに変換

ステップ3:Mac用のFinal Cut ExpressにAVIファイルの変換を開始します。

「変換」ボタンを押すと、このプロの「fcp avi 読み込み」(Mac版)は残りのタスクを行います!変換した後、Final Cut Pro、Final Cut Express でAVIファイルを編集することができるようになります。このソフトはMacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iMacでよく動作します。

aviからfcpへのMac変換アプリは簡単な編集機能を提供しています。詳細な情報には:「avi final cut pro 変換」のユーザーガイド

Back to top