Youtube動画を編集したい時は「Filmora」を試してみよう!

Youtubeは現在大変人気のコンテンツです。老若男女問わず人気を博している動画サイトで、誰でも動画を配信することができます。しかし、逆に言うと誰でも動画を配信できるからこそ、数多の動画の中から人気を集めるには、それ相応のクオリティの高い動画を作る必要があります。そういった動画を作るには編集が不可欠な訳ですが、編集と聞くと難しい印象がありますよね。しかし昨今編集ソフトはプログラミングなどを熟知していなくても簡単におこなうことができ、小学生ですら簡単に使いこなすことができます。

それらが実現できるのが「Filmora」という動画編集ソフトです。FilmoraとはYoutube投稿の際の編集が極めて簡単にできるソフトで、必要不可欠なツールです。編集は基本的にクロップと呼ばれますが、このクロップがとにかく充実しています。

カット機能

Filmoraでできるクロップは様々です。まずはカットです。カットは映像の不要な部分を切り取り、動画自体から消し去ることをいいます。例えば収録中に不要な音が入ったり、万一の放送事故が起こった場合に、このカットで視聴者に見せないということができます。基礎中の基礎なのでYoutube投稿者は必ずこの技術を使っています。

カット機能

文字の挿入

次に文字の挿入です。Youtubeにはサムネイルというものがあり、動画の顔になるものです。それらには映像内の概要が一文で出ていたり、面白い内容やセリフが抜粋して表示されていることがあります。これらは文字の挿入によって作ることができ、文字のフォントや色などは編集者が自由に決めることが可能です。サムネイルクロップは動画の宣伝に大きく関わるので、これまた必須の技術です。

文字の挿入

アクションを入れる

次に映像に対する効果やアクションを入れることもできます。例えば文字を動かしたり、文字の表示速度を変えたり、映像自体が振動したり、全体を明るくしたりと様々な効果をクロップすることができます。これらは多用することで、のっぺりしていた元動画の動画全体を華やかにすることができます。またこれらは必須の技術ではありませんが、使いこなせるとメディアの編集プロに近いクロップができるようになります。つまりこれらを使うことで動画を面白くするもつまらなくするも自由にできます。内容を繁栄させるために練習していきましょう。

アクションを入れる

BGMをつける

またBGMをつけることもできます。Filmoraでは元動画のエディタに加えて音声エディタや他動画のエディタもその都度挿入することができます。BGMを入れることで全体の演出が際立ち、良質な動画になります。またサウンドエフェクトも入れることができるので、映像にメリハリをつけることができます。これらを活用することで雰囲気が変わってくることもあるので、映像に応じたBGM、サウンドエフェクトを選出し、その場に応じて挿入しましょう。

BGMをつける

高度なクロップをしたい場合もFilmoraで行なうことができます。動画は基本的に2Dで見るものですが、3Dになったかのようなクロップをすることも可能です。これらが拡張編集と呼ばれるツールです。映像が立体的に動き、臨場感がアップします。場面場面に応じてそのような操作をすることで、まるで映像内に入り込んだかのような感覚になります。難しい技術ですが、しっかりマニュアルを読めばできるようになります。

高度なクロップは高額なソフトを使わなければならない、という考えをお持ちの方が多いですが、「Filmora」は無料のコンテンツです。Youtubeは撮影から投稿に至るまで完全に無料で行なうことができるのが誰でも配信ができる所以です。Filmoraは高額ソフトと同等の操作ができるため、Youtubeには絶対必須なソフトです。使い方や技術を学んで良質な動画を提供して、視聴者を楽しませる配信者になって下さい。

田中摩子

Nov 25,2017 19:49 pm / Posted by to 各形式の動画編集

関連トピックス

Home > 各形式の動画編集 > Youtube動画を編集したい時は「Filmora」を試してみよう!
Top