Windows9の予測

皆さんのパソコンは、既にWindows8.1Updateでしょうか?当初はスタートメニューが無く、利用するにもタイルメニュー画面がスタートと言うことで面食らう部分が多かったと思いますが、今回のバージョンアップを受けてスタートメニューが部分的にも復活し、タイルメニューからではなくデスクトップからになりました。しかも、起動もシャットダウンも高速になりました。いままでのOSの中で、一番の傑作とも言えるのではないでしょうか。

Windows7はXPライクのOSとしては、最後のモデルとなりましたがVistaとは違い、起動も動作も軽快でとても良いできだと思います。ただ、Windows8との決定的な違いは、根幹となるOSのエンジン部分が64ビットに完全対応と言い切れない物であったため、32ビット用のソフトが互換性モードを使わなくても不安定に動作してしまったり、それによるシステムファイルの破壊などが見られました。そこへいくとWindows8.1Updateは、完全な64ビットOSとして安定感を持っており、動作に問題を起こすソフトウェアに関しては動作をさせないなどシステムを保護する機能が強化されています。

そして今春、巷ではWindowsの次期バージョンであるWindows9について、徐々にではありますが噂が流れるようになりました。その中で一番大きく取り上げられている点は、Windows8ではスタートメニューと言うには少々貧弱なUIが完全復活をするという点でしょう。これを待ち望んでいるユーザーは、私だけではないのではないでしょうか。

Windows8.1Updateは確かに素晴らしいOSですが、いかんせん自分が使用したいプログラムを表示させるときにはタイルメニューから選択をするしかありません。そこで私は、自分のノートパソコンではWindows7とWindows8.1Updateのデュアルブートにして、ソフトウェアの使い分けをしています。illstratorやPhotoshopなどは安定性から、Windows8.1で動作をさせます。それ以外のオフィス関連のソフトはWindows7で使用するようにしています。やはりスタートメニューから各ソフトのショートカットがすぐに見つかるのは、見慣れているだけではない使いやすさがあると思います。

中島直人

Jul 27,2015 14:21 pm / Posted by to DVD作成関連

関連トピックス

Home > DVD作成関連 > Windows9関連情報
Top