Windows 10はWindowsのOSシリーズの新しいバージョンで、2015年7月29日に公開されるものです。これはWindows OSの最新のバージョンで、これまでMicrosoftコーポレーションからリリースされた全てのOSバージョンに取って代わるものです。Windows 10はパソコン、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなどに対応しています。既存のWindows 7 Service Pack 1やWindows 8.1 OSからアップグレードする場合、新しいOSは1年間無料になります。Windows 10は、Windows 8.1で不人気であったいくつかのこと、例えば「スタート」メニューボタンの導入などを解決しました。Windows 10はWindows 7と似ていますが、かなりアップグレードされています。

Windows 10でMicrosoftコーポレーションはWindowsメディアプレイヤーを取り除きました。 人生は続き、亡くなったものがあったとしてもとどまりません。同じように、Windowsメディアプレイヤーがなくなっても、Windows 10と互換性のある新しいメディアプレーヤーが導入されます。今回は、Windows メディアプレイヤーの6つのすばらしい代替品をご紹介します。

Part 1. Windowsメディアプレイヤーの代替品5つ

1. iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows:

これはWindowsメディアプレイヤーの素晴らしい代替です。インストールはとても簡単で、メディアサーバーとプレイヤーの働きをします。メディアサーバーとしてのPlexは内部または外部に保存する機能があります。Internet Explorerがこのメディアプレーヤーのユーザーインターフェイスとなり、VimeoやSoundcloudなどたくさんのチャンネルを追加できます。また、このメディアプレーヤーは、簡単にマシン内でビデオライブラリを管理できます。さらにこのアプリケーションはTVショーも再生しますが、適切に管理するのは少し難しいです。

 

2. XBMC/Kodi:

これは真っ先に思い浮かぶWindows Media Playerの代替です。KodiはXboxのハッカーとして始まったXMBCの新しい名前です。その後、Xbox 360の出現によって、XBMCはLinuxやWindowsマシンで簡単に動作できる完全に機能的なメディアセンターアプリケーションに発展しました。このメディアセンターアプリケーションは、ユーザーがよりよい見た目のためにスキンやプラグインを変更することを可能にします。Kodiはそれ自身でもたくさんのファンがおり、Windows Media Playerをこのアプリケーションで取ってかえるのは賢明なことでしょう。

XBMC/Kodiをダウンロード >>

3. MediaPortal:

これはKodiに匹敵すると考えられている代替手段です。MediaPortalとKodiにはほとんど差がありませんが、長い間ライバルとなっています。MediaPortalはオープンソースのアプリケーションで、無料で入手できます。このアプリケーションでは、たくさんのプラグインやスキンから選択できます。このアプリはライブTVの録画、再生、一時停止に対応しています。また、ローカルに保存されたビデオや音楽も再生します。素晴らしい鑑賞ができる完璧なホームエンターテイメントと考えられるでしょう。

MediaPortalをダウンロード >>


4. VLC Media Player:

Windows Media Playerの代替手段と考えられている、素晴らしいアプリケーションです。これは完全に無料でダウンロード、インストールできます。また、Windows, Mac, Linuxで簡単に動作します。最良の点は、このアプリがすべての形式のビデオとオーディオに対応していて、コーデックをダウンロードする必要がないことです。このアプリのファイルサイズはとても小さいです。ファイルがダウンロードされている間にプレビューができる唯一のアプリケーションです。ユーザーインターフェイスはとても簡単に使え、どのようなコマンドにも高速で反応します。

VLC Media Playerをダウンロード >>

5. Emby:

これはWindowsメディアプレイヤーのすばらしい代替手段の一つです。このアプリケーションもWindows OSでは無料で使えます。このアプリケーションには多くの素晴らしい機能が埋め込まれており、Windows Media Playerの代わりとして突出しています。Live TVのストリーミングやメディアプレーヤーの管理は、このアプリを、ここで紹介したすべてのメディアプレーヤーのダークホースとする、たったいくつかの重要な機能にすぎません。

Embyをダウンロード >>

上記の5つのメディアプレーヤーは、簡単にWindows Media Playerに取って代わります。様々な角度からみたすべての状況で、これらの5つのアプリケーションはWindows Media Playerに勝っています。そのため、Windows Media Playerの喪失を嘆くことはないのです。

Part 2. Windows 10のメディアプレーヤーiSkysoft 究極動画音楽変換 for Windowsの使い方

Windows Media Playerはユーザーの中で大きな人気を得ていましたが、MicrosoftコーポレーションはWindows メディアプレイヤーを取り除くという残念な決定を下しました。その代わり、MicrosoftコーポレーションはXBOXとXBOX LIVEを導入しました。この会社はWindows 10からMedia Centerをすべて取り除いたのです。もしWindows 10に個別にMedia Playerをロードすることを考えているのであれば、忘れたほうが良いでしょう。

Windows 10とWindows Media Playerには互換性がないのです。そこで、今度はWindows 10のメディアプレーヤー:iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windowsの使い方を詳しく紹介します。

ビデオ・DVDをインポート

ステップ 1. ソフトにビデオ・DVDをインポートします。

ビデオをロードするために、[ファイル]のアイコンをクリックします。

出力形式を選択

ステップ 2. 出力形式を選択します。

出力形式のリストからWindows10に対応する出力形式を選択します。もしくは使っているモバイル機器に応じてプリセットを選択することができます。

解像度、フレームレートなどのビデオ形式がデフォルト設定されています。

変換を開始

ステップ 3.ビデオの変換を開始します。

すべての設定が終わったら、[スタート]ボタンを押します。複数の動画を変換する時に、目安の動画数は2本です。

メディアプレイヤーを取り除く考えにいたった主な理由は、無料ダウンロードが可能なたくさんのメディアプレーヤーを使って、ライブストリーミングを観ることができるようになったからです。この競争でメディアプレーヤーが急速にふえました。また、ビデオや曲をスマートフォンやタブレットでみることは、Media Playerを必要としません。Media Playerの依存状態が大幅に減少し、これがWindows 10と名付けられた新しいOSでMicrosoftコーポレーションがMedia Playerを取り除くことを考えた主な理由です。今Media Player愛好家ができることは、古いバージョンのWindows を使い続けるか、初めて導入された時は世界に嵐を引き起こした大好きなプレイヤーが滅ぶのを静かに見守ることです。

「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows」の体験版で、まずはそちらをお試しされることをおすすめします。

Back to top