Windows ムービーメーカーがあなたに合わなかった場合、特定のニーズに対応するより良いものがあります。意欲的なムービー作成者にとって、製品を決定する前に、自分のニーズを理解することは大切です。高度なニーズを持つムービー作成者がお金を節約しようとすることは間違っています。また、必要以上にソフトウェアを買うことも間違いです。Windows Movie Makerの代替品には様々なレベルがあり、これは様々な種類の動画が編集されるためです。

#1. iSkysoft 動画編集(MacとWindows)

YouTubeやVimeoなどのプラットフォームでは、自製のビデオでかなりの額をかせぐことができます。運のよいことに、意欲的な動画製作者は「iSkysoft動画編集」を使うとほぼプロに近いレベルに動画を編集できます。これは動画変換でも最高のものの一つで、簡単にiPhone, BlackberryとほぼすべてのAndroidデバイスにエクスポートできる機能があります。

  • ドラッグ&ドロップの技術があり、とても簡単に使えます。
  • 動画の不透明度や明るさ、コントラストを調整できます。
  • 動画の統合、クロップ、編集、エクスポートが簡単にできます。
  • ほぼすべての動画、オーディオ、イメージ形式を含む、幅広い種類のファイルに対応しています。
  • OS X 10.6から10.10 YosemiteとWindows 8/7/XP/Vistaと完璧に互換性があります。

ダウンロード件数

iSkysoft動画編集 

#2. Ezvid (Windows)

これはYouTubeのユーザーにとって世界で最もフレンドリーな動画編集かもしれません。最初はスクリーンキャスティングソフトウェアとして始まりましたが、動画編集機能もあります。ユーザーインターフェイスを表す最も適切な言葉は「シンプル」です。これは誰でも使えるからです。あまり技術的知識のない人に理想的な選択肢ですが、経験者はシンプルすぎると感じるかもしれません。

メリット:
  • 簡単に使えます。特にビデオレコーダー
  • 画面の録音はボタンを一つ押すだけです。
  • 征服したものを共有したいゲーマーにとって理想的です。
デメリット:
  • 他の動画をインポートできず、YouTubeにのみエクスポートできます。ウイルスのビデオを作成したいと思っている人はFacebookや他のメディア機会を失います。
  • 対応プラットフォーム:Microsoft Windows XP, SP3, Vista, 7, 8

    価格:無料

Ezvidをダウンロード>>

Ezvid 

#3. Pinnacle Studio (Windows)

Pinnacle Studioは現在オリジナルの動画編集で、18回目のインストールメントは未だに屈指のものです。将来のパフォーマンスを測るための歴史を持つ数少ないブランドの一つです。Pinnacleは過去にAvidやCorelなどの会社に取得されましたが、過去10年間主要な支持を得ています。

メリット:
  • Pinnacle Studioの素晴らしい側面は、常に大量の特別エフェクトがあることです。
  • ユーザーが選ぶことのできるたくさんのオプションがあり、システムは64 bitで自然に作動します。
デメリット:
  • 以前のバージョンにはなかった4kパフォーマンスで問題が生じています。
  • インターフェイスもMulticamや動作追跡がないため、面倒になりえます。
  • 対応プラットフォーム:Windows 8, Windows 7

    価格:$59.95

Pinnacle Studioをダウンロード>>

Pinnacle Studio 

#4. Corel VideoStudio Pro X8 (Windows)

これも編集プログラムで多くの特別エフェクトがあります。動画編集ソフトウェアの世界では一番名の知れているものの一つで、たくさんの賞をもらっています。技術に詳しいユーザーはこのソフトウェアを完全に好きになるでしょう。ほぼ全て含まれているからです。

メリット:
  • 特別な機能がたくさんあり、高度なユーザーに最適です。
  • プロ仕様の製品を作りたいムービー作成者はPro X8が気にいるでしょう。
  • 以前のバージョンに馴染みのある人はPro 8Xの32または64 bitを使うことができます。
デメリット:
  • 特に初心者にとってインターフェイスは難しく感じるでしょう。
  • 特別な機能の数が多く、特定の機能を見つけるのが難しくなります。
  • 対応プラットフォーム:Microsoft Windows 8またはWindows 7

    価格: $79.99

Corel VideoStudio Pro X8をダウンロード>>

Corel VideoStudio Pro 

#5. Avid Media Composer (WindowsとMac)

この製品は作成者によって「高度な編集ソフトウェア」と呼ばれており、ほぼその通りです。これはソフトウェアの17台目でAvidが製造したものの中で一番かもしれません。

メリット:
  • Media Composerの最大の利点は、ムービークリップをコード変換できることです。
  • Avid Media Access (AMA)の作業の流れでは、動画を元の形式のままプログラムで使えます。
  • 背景でコード変換することが可能で、動画編集をより生産的にします。
  • 新しいメモリ上中型のコード変換があり、ソフトウェアが起動していない時も飾りのような機能をします。

デメリット:

  • 解像度とフレーム率はまだ、求められるものがあります。
  • 対応プラットフォーム:Microsoft Windows 7 & 8, Mac OS X 10.10 x (Yosemite)

    価格:一年に$1299.00

Avid Media Composerをダウンロード>>

Avid Media Composer 

#6. VideoPad 動画編集 (Windows と Mac)

これは標準的なニーズを持つ標準的な人のための標準的なシステムです。すべての人が素晴らしい動画を作る必要があるわけではなく、編集ソフトに何百ドルも使いたくないかもしれません。このシステムはiMacやPCと互換性があるため、特殊なニーズを必要としていない人にぴったりです。

メリット:
  • Videopadの無料版もあるため、入手する前にユーザーが試す機会をえられます。
  • ドラッグ&ドロップによる編集はすべてのプロセスをユーザーフレンドリーにし、HD編集も可能です。
デメリット:
  • 無料版と比べるとプロ版はそれほど感動的ではありません。
  • どちらのバージョンでも機能は限られています。
  • 対応プラットフォーム:Microsoft Windows 7以降 / Mac intel OS 10.4.4以上

    価格: $99.00

Videopad 動画編集をダウンロード>>

VideoPad 動画編集  

#7. Wondershare 動画編集 プロ(Windows版)

これも編集ソフトで経験の少ない人でも質の良い動画を作ることができます。ソフトウェアは、いくつか高度な機能に欠けていますが、どっちみち初心者はそれらの使い方を知らないでしょう。

メリット:
  • 最高のソフトウェアのようにトリム、分割、作成ができます。
  • プロのようなビデオを作成するための高度な編集オプションがあります。
デメリット:
  • BlueRayとLightScribeに対応していません。
  • インターフェイスは使うのが少し難しく、無料版は足りないものが多いです。
  • 有料版は価格に値するものですが、無料版は多くの人を嫌にさせます。
  • 対応プラットフォーム:Microsoft Windows 7以降

    価格: $49.99

動画編集 プロ(Windows版)をダウンロード >>

Wondershare 動画編集 プロ(Windows版) 

#8. Adobe Premiere Pro (WindowsとMac)

この一つのプログラムでコンピューターをバーチャルムービースタジオに変換できます。このプログラムができないことはそれほどなく、ユーザーに何百もの編集オプションを提供しています。

メリット:
  • インターフェイスはとてもなめらかで、調整できるトリムオプションがあります。
  • multicamアングルは制限がなく、すべての経験を堪能できます。
デメリット:
  • この価格帯のどのプログラムよりも多くクラッシュします。
  • 実際価格が一番大きなデメリットかもしれません。
  • 対応プラットフォーム:Microsoft Windows Vista, XP, 7 / iMac OS

    価格: $599.88/年

Adobe Premiere Proをダウンロード>>

Adobe Premiere Pro 

#9. Lightworks (Windows, Mac, Linux)

このシステムはLinux, Windows, iMacと互換性があります。ソフトウェアは簡単に使え、経験のある編集者も満足させるのに十分な特殊機能があります。同等のソフトウェアよりは少し安いですが、音楽編集には多くのオプションがありません。

メリット:
  • ソフトウェアには無料申し込み版があります。それに解像度に依存しないです。
  • インターフェイスはプロによってデザインされています。
デメリット:
  • Linux版はFireWireキャプチャ対応に欠けており、サウンド編集はかなり制限されています。
  • 対応プラットフォーム:Windows 7以降、Mac OS XとLinux

    価格: $437.99

Lightworksをダウンロード >>

Lightworks 

#10. Sony Vegas Pro 13 (Windows)

これはタイムラインベースのシステムでProToolのライバルです。しかしインターフェイスはライバル製品よりなめらかではありません。

メリット:
  • 便利なiPadアプリによってソフトウェアが簡単に使え、多くの便利なプラグインがあります。
  • ソフトウェアは同等の製品と比較すると、手頃な価格です。
デメリット:
  • ソフトウェアは他のものと比べ専門的でなく、経験の豊かなユーザーは不十分と感じるかもしれません。
  • 対応プラットフォーム:Microsoft Windows 7, 8, 8.1 (64 bit)

    価格: $599.95から

Sony Vegas Pro 13をダウンロード >>

Sony Vegas Pro 

#11. VideoLAN Movie Creator(Windows, Linux, Mac)

タイトルで示されているように、高度な機能をもち、ユーザーは動画クリップや写真からムービーを作成することができます。

メリット:
  • 事実上すべてのタイプの動画と互換性があります。
  • 他で再生できない形式でもVideoLANでは通常互換性があります。
デメリット:
  • 追加のソフトウェアがないとオンラインでコンテンツを表示できません。
  • 起動時間もあまり素晴らしくありません。
  • 対応プラットフォーム:Windows, Linux, Mac OS X

    価格: 無料

VideoLAN Movie Creatorをダウンロード >>

VideoLAN Movie Creator 

#12. Windows Live Movie Maker (Windows)

他のムービーメーカーと比べて標準的なもので、Windowsの新しいバージョンに含まれています。Microsoftのムービーメーカーは無料ですが、価格は数少ない魅力の一つです。

メリット:
  • エフェクトの自動プレビューは時間をたくさん短縮できます。
  • 子どもが使うのにも十分なほどシンプルなインターフェイスです。
デメリット:
  • コントラストの調整ができず、エフェクトも調整できません。
  • 対応プラットフォーム:Microsoft Windows 8.1, 10

    価格: 無料

Windows Live Movie Makerをダウンロード >>

Windows Live Movie Maker 

#13. Avidemux (Windows)

これは初めから動画を作成したり、すでに存在している動画から編集したりするのに理想的なソフトウェアです。インターフェイスを理解するのに少し時間がかかりますが、ソフトウェアはとても有能です。

メリット:
  • プロレベルの編集ができ、事実上すべてのファイルタイプに対応しています。
デメリット:
  • 初心者はインターフェイスや高度な機能の使い方に戸惑うかもしれません。
  • 対応プラットフォーム:Windows 7

    価格:無料

Avidemuxをダウンロード >>

Avidemux 

#14. Wax (Windows)

Waxはアマチュアにとって最高の動画編集ソフトの一つだと世界的に認識されています。これは動画編集の微妙なニュアンスを学びたい人にとって理想的な選択肢です。

メリット:
  • プログラムは無料ですが、素晴らしい機能と特殊効果があります。
デメリット:
  • 経験のあるユーザーはソフトウェアがシンプルだと感じるかもしれません。
  • より高価な製品と同等のオプションを提供していないため、高度なニーズには対応していません。
  • 対応プラットフォーム:Windows 7

    価格: 無料

Waxをダウンロード >>

Wax 

#15. AVS Video Editor (Windows)

トリム、切り取り、統合、回転、動画のミックスが数クリックでできる基本の動画編集ソフトウェアです。

メリット:
  • 人気のドラッグ&ドロップ形式で、インターフェイスがどんな人でも簡単に使用できます。
デメリット:
  • すべての機能にアクセスするにはメールアドレスを使って登録する必要があります。
  • 対応プラットフォーム:Windows 7以降

    価格: $59.00

AVS Video Editorをダウンロード >>

AVS Video Editor 

#16. SolveigMM AVITrimmer (Windows)

これはとても効果的なツールで、多くの素晴らしい機能がついています。インターフェイスは簡単に使え、結果も素晴らしいです。

メリット:
  • 以前のバージョンに比べて、いくつかのオーディオと動画の問題が解決されています。
デメリット:
  • 最大の欠点は互換性のあるファイルが少ないことです。
  • 名前の通り、AVIが推奨のメディアですが、AKVもトリムしたり編集したりできます。

    対応プラットフォーム:Windows XP, 2000, 2003, Vista, Windows 7, 8

    価格: 無料

SolveigMM AVITrimmerをダウンロード >>

SolveigMM AVITrimmer 

#17. VSDC Free Video Editor (Windows)

Final Cut Proを使ったことがあれば、このソフトウェアも使いやすいでしょう。VSDCはプロレベルなので、市場にはこれ以上優れた無料の動画エディターはないかもしれません。

メリット:
  • 無料のソフトウェアは、多くの有料プログラムに比べて良いです。
デメリット:
  • オーディオファイルの転送が、難しいことがあります。
  • 対応プラットフォーム:Windows 7以降

    価格: 無料

VSDC Free Video Editorをダウンロード >>

VSDC Free Video Editor 

#18. Pinnacle VideoSpin (Windows)

これはソーシャルメディアに精通している人にとって、最善の選択肢の一つです。ウェブに動画をアップグレードすることはボタンをタッチすることと同じくらい簡単にできます。コーデックパックはソフトウェアにより多くの機能を与えますが、無料版も多くの人々のニーズを満たします。インターフェイスを使いこなすには時間がかかるかもしれませんが、より良い有料版を探すのは難しいです。

メリット:
  • 優れた入力/出力サポートがあり、高品質の動画をつくります。特殊効果はより高価なソフトにも対抗できるぐらいのもので、最高のお買い得品の一つです。
デメリット:
  • 15ドルのコーデックパックがいくつかのムービーファイルで必要となり、特に注目に価する特殊効果はありません。
  • 対抗プラットフォーム:Windows 7以降

    価格: 無料

Pinnacle VideoSpinをダウンロード >>

Pinnacle VideoSpin 

#19. Jabshaka (Windows, Mac, Linux)

Jabshakaのオーディオとビジュアルオプションを持つ無料プログラムはそれほどありません。時々不安定になる問題がありますが、より良い動画編集プログラムを望むのであれば、お金を出す必要があります。このプログラムには初めてのユーザーに基本を教えるたくさんのYouTubeビデオもあります。

メリット:
  • 無制限のオーディオ容量と素晴らしいアニメーションは無料プログラムでは珍しいです。
  • 無料というのは魅力的な特徴です。
デメリット:
  • チュートリアルがなく、インターフェイスは使い方を学ぶのが難しいです。
  • 特殊効果は他の無料動画編集に比べて印象的ではありません。
  • 対応プラットフォーム:Linux, Windows XP

    価格: 無料

Jahshakaをダウンロード >>

Jabshaka 

#20. VirtualDub (Windows)

このソフトウェアは以前に編集した動画の質を高めるためのものです。VirtualDubは手直しのソフトウェアだと思ってください。草稿の質を高めるものだからです。

メリット:
  • 世界に共有する前に動画を最高の質にする無料の方法です。
  • インターフェイスはシンプルで、たくさんの特殊エフェクトがあります。
デメリット:
  • AVI形式でないファイルとは問題が起こり、サードパーティーの特殊効果は認識されないことがあります。
  • ソフトウェアは動作が遅くなることがあり、特にコンピューターの空き容量が少ないとこれが起こります。

    対応プラットフォーム:Windows 7以降

    価格: 無料

VirtualDubをダウンロード >>

  VirtualDub

Back to top