動画の切り取りができるソフト5選


Winで使える動画切り取り編集アプリケーション5選


これから動画の切り取りに挑戦する方や、そのためのソフトをお探しの方もいるでしょう。

また、自分で撮影したムービーを動画編集ソフトで不要な部分を切り取って編集した後、動画共有サイトに投稿したり、動画の一部分を画面切り取りソフトで画像として切り出しブログに利用している方もいるかと思います。

そこで今回は動画切り取りや静止画切り出しができるソフト(Windows版)のご紹介をしたいと思います。


filmora

 

一押しのソフト 「Filmora動画編集 Win版」


このソフトは動画の切り取りなどの基本機能はもちろん、テキストやBGM、ナレーションの追加、逆再生、動画キャプチャーなどプロ並みの多彩な編集機能が備わっています。

またWMV、AVI、MOV、MPEG-2などのあらゆる出力形式にも対応し、DVDの作成も可能です。
しかも、操作が簡単で使いやすいのも魅力です。


それでは、このソフトを使って動画を切り取る方法と動画の一部分を静止画として切り出す方法の手順を説明していきます。
まずは「Filmora 動画編集」をお使いのパソコンにインストールしてください。





1.動画を切り取る方法

高度編集モード

Step 1. ソフトを立ち上げ、モードを選択する

インストール完了後、ソフトを立ち上げたら「高度編集モード」をクリックします。

動画を取り込む

Step 2. 切り取りしたい動画をインポートする

画面左上の「追加」をクリックし、切り取りたい動画ファイルを選択します。
取り込んだ動画ファイルの上にマウスカーソルを合わせると、
動画右下に「+」が表示されます。

それをクリックし、画面下のタイムラインに追加します。
または動画をタイムラインにドラッグ&ドロップしても追加することができます。

 動画を切り取る

Step 3. 動画を切り取る

タイムラインに追加された動画を選択して、切り取りを開始したい部分にタイムラインのカーソルを動かし、タイムラインの「分割」をクリックします。
次に終了したい部分にカーソルを動かし、「分割」をクリックします。

すると、不要なシーンが切り取れます。 その切り取った動画を削除するには「削除」をクリックします。

また、その動画を保存するには「作成」をクリックしてください。

 動画を切り取る

Step 4. 動画の一部分を切り取る

タイムラインの「クロップ」をクリックしたら編集画面が表示されます。

プレビュー画面で確認しながら切り出したい部分の幅が選択できます。

選択後、「OK」をクリックしてください。





2.動画の一部分を静止画として切り出す方法

静止画にしたいシーンを選択




Step 1.静止画にしたいシーンを選択

タイムラインの部分をクリックしたら画面右上のプレビューウィンドウに選択した動画が表示されます。
それで確認しながら静止画にしたいシーンを選択してください。

画面右の「ズームイン」をクリックし、タイムラインの表示を拡大させたほうが選択しやすいと思います。

Filmora 動画編集にインポート

Step 2. 静止画を切り出す

画面右の「スナップショット」をクリックします。

自動的に画像ファイルが作業フォルダーに保存されメディアライブラリーに表示されます。



操作デモをごらんください

操作手順をもっと分かりやすく説明するように、録画したビデオも用意されたいますよ。

ちなみに、このビデオは「Filmora動画編集」で作成しましたよ!

ビデオも見て、また操作方法に疑問がある場合は、いつでも下側にコメントしてくださいね!

 
下記ボタンをクリックして、「Filmora動画編集」を試してみましょう!


  

ムービーメーカー

おすすめソフト② ムービーメーカー

このソフトは動画の切り取りをはじめ基本的な動画編集をすることができます。
Windowsパソコンには標準でインストールされている場合もあるので、お使いのパソコンにも入っているかもしれません。

ソフトがインストールされていなくてもダウンロードは無料ですし、お金をかけずに利用できるので初心者にも良いでしょう。
しかし、操作しずらいといった声やフリーズが起きることもあるようです。
慣れるまでは我慢が必要かもしれません。

Video pad

おすすめソフト③ VideoPad

動画の切り取りのほか、エフェクト設定、BGMやナレーション、字幕を入れたりできる多機能な動画編集ソフトです。

入力、出力ともに様々なフォーマットに対応していますし、DVDに書き込みすることもできます。

パソコンのスペックによってはバグが多いといった問題があるようですが、比較的使いやすいソフトだと思います。

Avidemux

おすすめソフト④ Avidemux

このソフトは不要な場面のカットや動画の連結、リサイズ、色調補正などの動画編集をすることができます。
充実した動画編集機能を備えながらもフリーソフトというのが魅力です。

特徴はWMV、MP4、FLVなど様々な動画形式の入出力に対応していることです。
しかし、ファイル形式によっては音がでず、映像も映らないこともあるようです。

GOM Encoder

おすすめソフト⑤ GOM Encoder

動画をFLVやMP4などの様々な形式に変換することができる動画変換ソフトです。
幅広い入力形式に対応しているのが特徴です。

また映像の回転、動画の切り取りといった動画編集機能も備わっています。
しかし、現在は製品版のソフトの提供は終了しているようです。
利用できる無料版は変換後の動画の右上にロゴが入るなどの制限があります。

Back to top