Part 1. iPhone用写真/画像切り抜きアプリオススメTop10

iPhoneで写真を撮影したときに「思っていたよりも背景がメインになってしまい、仲間が目立たっていない」なんて経験をしたことはありませんか?
そんなときは背景を大幅に切り取って、少しでも仲間がメインになるように編集したいと思うのではないでしょうか。
そこで、撮った写真を切り取りすることができるアプリを十個紹介してみたいと思います。

Ever Clipper

・Ever Clipper

Ever ClipperはiPhoneで使うことができる、画像を切り取りしたりすることができるアプリです。

他にもリサイズや回転をさせることもできるようになっています。

操作法も簡単なので誰でも扱うことができるでしょう。

是非おすすめしたいアプリです。

写真切り取り

・写真切り取り

写真切り取りはその名のとおり、写真を切り取りすることができるアプリです。

切り取る以外にも写真の回転、反転、白黒、セピアなどの機能も付いています。

写真を撮ったらすぐに使うことができますので、切り取りしたくなった場合は是非、このアプリを活用しましょう。

Photo Clip

・Photo Clip

Photo Clipはデメリットがないといってもいいほど優れたアプリです。

切り取りはもちろんのことですが、色んな画面比率(縦長、横長)で切り取ることもできますし、角度のずれた画像を回転させた上で切り取り、切り取った部分を水平にすることもできます。

複雑な操作がいらず、指でタップしていくだけで色んな切り取りが試せますので、気になったら是非使ってみましょう。

フォトアレンジメント

・フォトアレンジメント 無料版

フォトアレンジメントはiPhoneで撮った写真を多くの機能を用いて画像加工することができ、切り取りの他にもモザイクやテキスト、吹き出しなどを使うことで面白く仕上げられ、編集が終わったらそのままTwitterやFacebookへと投稿することができるアプリです。

写真切り取りアプリ無料ということでありながら多機能なことが好評であり、おすすめしたいアプリのひとつでしょう。

カメラ360-Camera360 Ultimate

・カメラ360 Camera360 Ultimate

カメラ360 Camera360 Ultimateは世界中で利用されている人気アプリです。

なんといっても数多くの編集素材が用意されており、フィルターだけでも200種類以上あってどれにしようかと悩んでしまいそうになります。

他にも多くの機能を備えており、画像の切り取りなんてほんの一部に過ぎないほどです。

ただし、多くの機能の使い方に慣れないうちは苦労してしまうかもしれません。

コラージュ・写真切り抜きデコはpapelook!無料の画像加工アプリ

・コラージュ・写真切り抜きデコはpapelook!無料の画像加工アプリ

このアプリでは画像の切り抜きができます。

対象の部分を指でなぞりながら囲っていくことで簡単に切り抜きができ、切り抜いた画像を他の画像と合成したり、スタンプを作ったりして面白いものを作ることができます。

特にかわいいものが大好きな女子にとっては重宝したいアプリなのではないでしょうか。

Clip Crop

・Clip Crop

こちらは画像の切り抜きというよりは型抜きに近い画像加工ができるアプリです。

星型、ハート型、丸型、四角型などに画像を切り抜くことができますので、独特な一枚を作ることができるでしょう。

切り取りするときに必要なマスクは一部有料となっているようですが、無料で使えるものだけでも満足できるのではないでしょうか。

Gyro Cropper

・Gyro Cropper

Gyro Cropperは三つの方法でトリミングを行なうことができ、それらのトリミングから決まった構図で画像を切り取りすることができます。

直感的な操作を売りにしていてシンプルなアプリなので、直感的に切り取り加工をしたい方は是非使ってみてはいかがでしょうか。

ShapeClipper

・ShapeClipper

ShapeClipperは用意されている数多くの型を用いることによって画像を切り抜くことができます。

切り抜いた後は枠線と影を作ることで個性的な切り抜き画像に仕上げることができるでしょう。

使い方はとてもシンプルなので誰でも簡単にかわいい一枚が作れるのではないでしょうか。

合成写真スタジオ

・合成写真スタジオ

合成写真スタジオはiPhone版のPhotoShopのような感覚で使うことができるアプリです。

最大で十枚の画像をレイヤー分けして編集することができ、フリーハンドツールで画像の切り取りたい部分のみを切り取ることができ、図形切り取りでは用意されている図形の形に合わせて画像を切り取ることができます。

レイヤーを上手く使い分けることで合成もお手軽にできますので、ちょっと凝った一枚を作って見たいと思った方にはおすすめします。

上記の十個の切り取りアプリを使って切り取った画像は全てiPhoneのカメラロールで保存することができます。 それらの画像をそのまま持っておくのも構いませんが、切り取ったり切り抜いたり、合成して作った画像を集めて一本の動画にと思った方もいるかもしれません。 そんな方にはWondershareのFilmora 動画編集 mac版を使って編集してみましょう。

Part 2. 画像の加工:「Filmora 動画編集」Mac版で編集する方法

Step 1. Filmora 動画編集を起動

iPhoneで切り取りした画像をMacに取り込み、Filmora 動画編集を起動しましょう。

Filmora 動画編集にインポート

Step 2.ファイルをFilmora 動画編集にインポート

次はファイルをFilmora 動画編集にインポートします。 インポートした画像は画面下にあるタイムラインにドラッグ&ドロップでどんどん追加して行きます。

特殊効果を追加

Step 3. 特殊効果を追加

それから編集したい画像をタイムライン上でクリックし、画面左上に縦一列で並んでいるメニューの中からフィルター、オーバーレイなどを使って特殊効果を追加してみましょう。
また、お気に入りの曲をお持ちであればインポートしてタイムラインへ追加することでBGMにすることができます。
他にもテキストを加えたり、画像の切り替え効果を加えたりしてみると、より良い動画になるかもしれません。

出力とアップロード

Step 4. 出力とアップロード

完成したと思ったら作成をクリックして出力してみましょう。
直接YoutubeやFacebookへアップロードすることもできますし、各用途に合わせたファイル形式で出力して動画ファイルとして所持することもできます。

お気に入りの写真切り取りアプリを見つけましたら、どんどん活用してみましょう。 また、ただ切り取るだけでなくFilmora 動画編集でまとめて動画にして公開することで、より多くの人と楽しさを共有できたらよいのではないでしょうか。

Back to top