「究極動画音楽変換 for Mac」 マニュアル

1. 製品の購入・登録


1-1. 製品のダウンロード


 下記「無料体験」ボタンをクリックし、PC/Macに製品の保存場所を選んで、製品のダウンロードを始めます。


1-2. 製品のインストール


① ダウンロードが完了した後、ご利用のsafariブラウザ右側の下記赤枠のところを クリックして、 dmgファイルをダブルクリックします。

② ダウンロードされた.dmgファイルをタブクリックして、下記のインストールウィンドが現れます。製品アイコンを右側にある「Applications」にドロップします。

③ 「アプリケーション(applications)」を開いて、製品のアイコンを見つけて、ダブルクリックしします。 下記の画面が表示されて、開くボタンをクリックします。

④ 「開く」ボタンをクリックし、製品を起動させます。

⑤ ソフトが起動後、下記の画面に入ります。


1-3. 製品の登録の手順


① 購入後、弊社より「製品登録情報」をメールにてお知らせいたします。
② 製品を立ち上げ、下図のようにボタンをクリックし、「登録」を選択します。

③ メールアドレスをを「Eメールアドレス」欄に入力し、登録コードを「登録コード」欄に入力します。「登録」ボタンをクリックします。
*注意:登録情報を入力時に、スペースがないことを確認してください。コピー&ペーストをした際、半角スペースが入る場合があります。

④ 登録した後に、下記の画面が現れます。


1-4. 製品の試用制限について


①  試用版は制限があるので、製品を購入して、正式版に登録する必要があります。


② 製品を購入するには2つの方法があります。

方法1:下記の「購入」ボタンをクリックして、製品を購入します。

方法2:製品を立ち上げ、「メニュー」をクリックし、「購入」を選択します。


1-5. 環境設定


①  「究極動画音楽変換」→「環境設定」の画面に入ります。


② 「環境設定」から、下記の設定が可能です。



2. DVD作成・変換



2-1 DVD変換


DVDディクスを簡単に抽出して、お使いのデバイスに合わせて最適化された形式に変換します。

ステップ①:「究極動画音楽変換 for Mac」を起動し、「変換」モードを選択します。そして、DVDディスクをMacに挿入してください。

ステップ②:DVDを読み込むには3つの方法があります。

 方法1:「ファイル」→「メディアファイルを読み込む/DVDファイルを読み込む」→メディアファルを選択する   
 方法2:DVDアイコンを直接ソフトにドラックする   
 方法3:メインフェイスの左下側の「+」→メディアファルを選択する

ステップ③:出力形式を設定します。

(1)変換したいファイルを選択した後、下部にある「出力形式欄」から、希望する出力形式を選択してください。
*ビデオをトリミングしたり、字幕を追加したりするなどの編集操作については、マニュアル「4.動画編集」の部分をご参考ください。

出力タグは全部で6つあります。

デバイス: iPhone6sやiPad miniなどのデバイスに対応する形式として出力
編集する: iMovie、Final Cut Proやidvdなどの専門編集ツールに対応する形式として出力
HD&3D: HD MOV、HD MP4、HD M4VなどのHD形式として出力
Webで共有する: YouTube、Facebook、Vimeoなどのweb動画形式として出力
ビデオ: MOV、MP4、WMV、AVIなどの汎用動画形式として出力 音声 MP3、M4A、WAVなどの音声形式として出力


(2)「」ボタンをクリックし、出力ビデオの詳細設定を設置できます。


ステップ③:出力設定が終わった後、「変換」ボタンをクリックすれば、変換が開始されます。
*メインフェイスの下側に出力先がが指定できます。

ステップ④:変換が完了されたら、下記の画面が出てきます。


2-2 DVDバックアップ


この機能で、DVDの内容をまるごとでパソコンにバックアップ(コピー)できます。

ステップ①: 「究極動画音楽変換 for Mac」を起動し、「作成」モードを選択します。タスクの所に「コピー」を選びます。

ステップ②: バックアップしたいDVDファイルを読み込みます。

 方法1: DVDアイコンを直接ソフトにドラックする
 方法2:メインフェイスの左下側の「+」→メディアファルを選択する

ステップ③: 保存形式の指定し、バックアップを始めます。

 画面の上部には、DVDのファイル名やDVD種類(DVDディスク、DVDフォルダ、dvdmedia及びISOの4種類)などを設定し、「コピー」ボタンをクリックしたら、DVDをバックアップし始めます。

2-3 DVD作成


この機能で、共有サイトからダウンロードされたビデオや、MacにあるビデオをDVDに書き込むことができます。

ステップ①:「究極動画音楽変換 for Mac」を起動し、「作成」モードに入り、タスクから「作成」を選択します。

ステップ② DVDに作成したいビデオを読み込みます。

 方法1:「ファイル」→「メディアファイルを読み込む/DVDファイルを読み込む」→メディアファルを選択する   
 方法2:DVDアイコンを直接ソフトにドラックする
 方法3:メインフェイスの左下側の「+」→メディアファルを選択する

ステップ③ DVDの出力詳細を設置します。

(1)DVDファイル名とDVD種類(DVDディスク、DVDフォルダ、dvdmedia及びISOの4種類)などを設定できます。
(2)DVDメニューテンプレートを無料で提供しています。
(3)DVDのアスペクト比が設定できます。
(4)DVDの品質を選択できます。
*ビデオをトリミングしたり、字幕を追加したりするなどの編集操作については、マニュアル「4.動画編集」の部分をご参考ください。

ステップ④ 最後は各設定が終わったら、「プレイ 」ボタンでDVDをプレビューしましょう。

 ステップ⑤ 問題がなければ、「作成」ボタンをクリックして、DVDの作成を開始します。


3. メディア変換


DVDディクスを簡単に抽出して、お使いのデバイスに合わせて最適化された形式に変換します。

ステップ①:「究極動画音楽変換 for Mac」を起動し、「変換」モードを選択します。そして、DVDディスクをMacに挿入してください。

ステップ②:メディアファイルを読み込むには3つの方法があります。

 方法1:「ファイル」→「メディアファイルを読み込む/メデイアファイルを読み込む」→メディアファルを選択する   
 方法2:メディアファイルを直接ソフトにドラックする   
 方法3:メインフェイスの左下側の「+」→メディアファルを選択する

ステップ③:出力形式を設定します。

(1)変換したいファイルを選択した後、下部にある「出力形式欄」から、希望する出力形式を選択してください。
*ビデオをトリミングしたり、字幕を追加したりするなどの編集操作については、マニュアル「4.動画編集」の部分をご参考ください。

出力タグは全部で6つあります。

デバイス: iPhone6sやiPad miniなどのデバイスに対応する形式として出力
編集する: iMovie、Final Cut Proやidvdなどの専門編集ツールに対応する形式として出力
HD&3D: HD MOV、HD MP4、HD M4VなどのHD形式として出力
Webで共有する: YouTube、Facebook、Vimeoなどのweb動画形式として出力
ビデオ: MOV、MP4、WMV、AVIなどの汎用動画形式として出力 音声 MP3、M4A、WAVなどの音声形式として出力


(2)「」ボタンをクリックし、出力ビデオの詳細設定を設置できます。


ステップ③:出力設定が終わった後、「変換」ボタンをクリックすれば、変換が開始されます。
*メインフェイスの下側に出力先がが指定できます。

ステップ④:変換が完了されたら、下記の画面が出てきます。


4. 動画編集


編集では、ファイルのトリミングやクロップ、回転、透かしをおこなったり、エフェクトの調整を行うことができます。
これから、詳しく編集機能と操作方法を紹介します。


4-1 トリミング/回転


まず、編集ボタンをクリックし、編集画面に入ります。

①「トリム」タブでビデオをカットします。

ビデオのトリムは、開始時間と終了時間を自由に選択できます。「トリムを追加」をクリックすると、トリムスライダーが現れます。
ペアになっているスライダーをマウスで動かし、必要なシーンの始まりと終わりを設定してください。
操作ミスとかある場合は、「リセット」ボタンをクリックして、すべてをリセットしてください。
「完了」をクリックすると、トリム完了となります。
* 手動で開始時間と終了時間を設定できます。

②「調整」タブでビデオを回転/クロップしたりします。

* クロップ:いらない画面をクロップして、ビデオを部分拡大させます。
* 画面比率も調整できます。「オリジナルサイズ」、「フルスクリーン」、「16:9」、「4:3」、「Letter Box」、「Pan and Scan」などあります。

* 左90度回転、右90度回転、水平反転、垂直反転など、簡単に画面を回転できます。

「全てに適用」をクリックすると、調整はすべてビデオに適用します。
「完了」をクリックすると、調整完了となります。


4-2 エフェクト追加

まず、編集ボタンをクリックし、編集画面に入ります。

効果にはなし、バブル、四季、ミラー、古い映画、ビデオウォーター、レンズ補正、雪の八種類があります。 
エフェクトは大量搭載しています。各エフェクトをクリックすると、リアルタイムでプレビュー表示となります。 。

「全てに適用」をクリックすると、エフェクトはすべてビデオに適用します。
「リセット」をクリックすると、初期状態に戻ります。
「完了」をクリックすると、エフェクト設定完了となります。


4-3 透かしマーク追加


まず、 編集ボタンをクリックし、編集画面に入ります。

静止画や動画に図案や文字を写し込まれます。テキストを入力したい場合はテキストをチェックして、テキストボックスに文字を入力すれば透かしを入れることができます。
透かしの透明度も、単に透明度スライドを移動するだけで調整できます。

「全てに適用」をクリックすると、透かしはすべてビデオに適用します。
「完了」をクリックすると、透かし追加完了となります。


4-4 字幕ファイル追加


まず、  編集ボタンをクリックし、編集画面に入ります。

ビデオにコメントや注釈など、字幕を追加できます。
字幕の入れ方について、手動で字幕を入力できません。
動画などの字幕を載っているファイルがある場合、入れると、自動的に動画に配置するものです。

字幕検索機能も内蔵しますので、「字幕の検索」ボタンをクリックすると、簡単に字幕の検索を行えます。
字幕の透明度も、単に透明度スライドを移動するだけで調整できます。
字幕のポジション(位置)も上、中、下に設定できるほか、手動でポジションスライドを移動することで設定できます。


4-5 ビデオを結合


変換モードで、「複数の動画を結合」をONにしたら、追加された複数のビデオが自動的に結合し変換されます。



4-6 詳細情報を編集


ステップ①:  ファイル詳細ボタンをクリックし、詳細情報編集画面に入ります。


ステップ②:ここで、ビデオを詳細情報が編集できます。


5. ダウンロード


「ダウンロード」タブをクリックすると、ダウンロードモードに入ります。

ウェブ動画のダウンロード方法は下記のように二つあります。

① 「ダウンロード」ボタンがウェブ動画の画面に表示された時に、そのボタンをクリックします。

② ダウンロードしたいYoutube動画やその他の動画サイトのURLをコピーしてから、「URLをペースト」ボタンをクリックします。

そうするだけで、動画の高速ダウンロードが自動的に開始します。

③ ダウンロードされたら、自動的に「ダウンロード完了」タブに入ります。