WMVは、Windows Media Videoの事で、Windowsパソコン上でビデオを再生したり、保存したり出来る一般的なビデオフォーマットです。 最近は、Windowsの携帯電話などでも扱われることがあります。しかし、WMVはWindows os以外との互換性が無いので,Windows以外のosでは再生はもちろん編集なども行えません。 WMVをすべてのosで扱えるようにするには、互換性のあるSWFやFLASH形式に変換する必要があります。

Part1. WMVをSWF形式に変換する方法

WMVをすべてのosで扱えるようにするには、WMVをSWF形式に変換するソフトが必要です。そうした変換作業にお勧めのソフトが「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows」になります。

iこのソフトは、WMV形式をSWFやFLASH形式に変換できるのはもちろんのこと、それ以外にも100種類以上のフォーマットに対応しています。また、変換した動画はそのままwebサイトに投稿できたり、ビデオや音楽の編集や動画サイトからの動画のダウンロード機能も収録されています。



WMVをSWF形式に変換する方法

Step 1:WMVファイルをインポートする

「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows」を起動して、左上部の「メディア」アイコンを選択、変換したいWMVファイルを選択するか、画面上に直接、WMVファイルをドラッグ&ドロップしてインポートします。

Step 2: ファイルを編集する

ファイルの右側の「編集」をクリックします。 編集機能にはトリミングや色の変更で白黒、古いフィルムのように編集したりテキスト機能で文字を入れたりと充実した編集が行えます。 編集機能を使うことで元もとの動画をより素晴らしいものに変えられます。

Step 3:出力形式としてSWFを選択する。

出力形式にはフォーマットやデバイスなどいくつもの選択が用意されています。 今回は、WMV形式からSWFへの変換なので、オーディオのアイコンの中にあるSWFを選択します。 複数のファイルを変換する場合の目安は1度に2本です。

Step 4: 保存先の指定をする

一番下にある「保存先を開く」をクリックして、保存先の指定をします。 「1つに結合」にチェックを入れると、複数のファイルが1つに結合されて、出力されます。

Step 5: WMV からSWFへの変換を開始する

全ての設定が終わった所で、右下の「変換」ボタンをクリックします。

Part2. SWFとFLASHの比較

SWFとFLASHさまざまの特徴がよく知っていますか?ここではSWFとFLASHの比較を紹介したいです。

FLASHとは

FLASHは、普通の動画ファイルです。 今ではFLASHのプラグインが入っていない端末の方が少ないほど普及していて、知らない人は居ないであろうYouTubeがFLASHのビデオ形式を使っています。 それ以外にもwebサイトのアニメーションやTV放送等でも使用されています。 最近では、携帯電話にもFLASHが再生できるようにFLASH LITEという軽量版の再生プラグインが入っています。

SWFとは

SWFはsmall web formatの略語で、この名称になる前は、shockwave flashと呼ばれていいます。 アニメーションやwebサイトなどで動画として使われていることが多いがFlash Playerがないと再生できず、動画ファイルとは別の仕組みで出来ているので、動画ファイルではないと考えたほうが正しいです。 SWFが動画ファイルでは無い理由の一つがActionScriptというプログラム言語で構築されいることです。 このプログラム言語により、インタラクティブなコンテンツを提供する場合に向いている動画再生プログラムだと考えたほうがいいです。

SWFとFlashについて

FLASHはただの動画ファイルですから、ActionScript を使うことは出来ませんし、インタラクティブコンテンツを作ることも出来ません。 また、画像として取り込んだときに、ジャギー(ギザギザ)が入ります。 対してSWFは画像として取り込んだとき、滑らかな画像が取り込めます。 また、ActionScriptを使うことが出来、画像(jpg)や音楽、BGM(MP3)などを埋め込み、触ると動くプログラムなどインタラクティブコンテンツの作成が出来ます。

Back to top