iSkysoft > 動画再生>

MacでWMVファイルをiPhone用に変換

Mac OS X上でWMVファイルを変換し、iPhone(iPhone 5S/5C/5を含む)で再生

  

WMVはマイクロソフトが導入した映像圧縮フォーマットです。そのためWindowsや他のソースからWMVをiPhone(4S含む)などに入れて視聴されたい場合、まずお使いのMac上でiPhoneに適したフォーマットに変換する必要があります。

巷には、数多くのWMVのデコードツールが存在していますが、iPhone 5Sや5Cなど機種によってビデオファイルがサポートされておらず、再生されない場合があります。
ここで私がお勧めするのがiSkysoft「メディア変換 for Macです。
このソフトは、iPhone用に最適化されたプリセットやWMVと互換性のあるフォーマットも提供しており、変換のプロセスで設定に煩わされる心配もありません。

Mac OS X上でWMVをiPhone形式に変換する3つのステップ

1

メディア変換 for MacにWMVファイルを追加する(複数可能)

 「メディア変換 for Mac」にWMVファイルをインポートするには、直接ファイルをドラッグするか、「ファイル」メニューの「メディアファイルを読み込む」から動画ファイルをクリックします。
バッチ変換もサポートしているので、いくつかのWMVファイルを一度に変換することができます。

wmv iphone 変換 mac

「メディア変換 for Mac」のメインインターフェイスから、簡単にお持ちのビデオを編集できます。
メニューの「編集」から、「トリム」を選べばサイズの大きいビデオを小さくトリムすることもできます。 「エフェクト」タブからビデオのフレームサイズや映像をグレーまたは古いフィルムに変更できます。

2

フォーマットのリストからiPhoneのプリセットを選択する

出力形式のリストからは、iPhone 5S、iPhone 5Cのように、あなたが持っているiPhoneに合わせてお選びし、得られたムービーは、iPhoneの画面上になかなか良さそうに見えます。

wmv iphone 変換 mac

注:この「メディア変換 for Mac」(Snow Leopard、Lion含む)で複数のWMVファイルをマージして、一つの連続したWMVファイルとしてエクスポートできます。「複数の動画を結合」をonにしてください。

3

MacのOS X上でWMVをiPhone用に変換開始

ビンゴ!そのやり方です。
変換が完了すると、あなたのiPhoneに出力したビデオをアップロードし、好きな時に楽しめます!
この専門ソフト「メディア変換 for Mac」は、Appleが特別にiPhone用にデザインしたものです。iPhoneユーザーが、お持ちのビデオを、画面上に表示するのに絶妙な体験できるように開発されました。

iPhone 4Sの対応ビデオフォーマット

H.264ビデオ:最大1080pのH.264ビデオ:最高160 KbpsのAAC-LCオーディオ、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマット、mp4およびmovファイルフォーマットで48kHzのステレオオーディオ付きの第二、ハイプロファイルレベル4.1あたり30フレーム;  MPEG -4ビデオ:   最高2.5 Mbps、640から480ピクセル、チャネル当たり最大160 KbpsのAAC-LCオーディオ第二、シンプルプロファイルあたり30フレーム、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマット、mp4およびmovファイルフォーマットで48kHzのステレオオーディオ、モーションJPEG(M-JPEG):  最大35MbpsまでのモーションJPEG(M-JPEG)、ULAW、aviフォーマットのPCMステレオオーディオのピクセル、毎秒30フレーム、1280

 

山咲
マニュアルが無くても直感で操作できるほど簡単なインターフェイスです。

お勧め製品

究極動画音楽変換 for Windows

究極動画音楽変換 for Windows

6980円
5580円

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windowsは非常に高い互換性の高いソフトで、動画変換、音声変換、DVD変換、DVD作成、Web動画のダウンロードなど豊富な機能を装備するスーパーソフトウェアです。


究極動画音楽変換 for Mac

究極動画音楽変換 for Mac

7980円
6380円

究極のオールインワンDVDおよびビデオソリューションを提供。

人気記事

Back to top