Mac OS XでFLVをiPhoneに変換する方法

買ったばかりのiPhone4Sに、MacでFLV動画を入れたいとは思いませんか?問題なのはiPhoneだけでなく、多くのAppleデバイスがFLV形式をサポートしていないことです。ここに簡単な解決策があります。Mac OS XやLionなどで使われるiPhoneと互換性のある形式にFLVを変換することです。

このためにも、iSkysoft社が開発したメディア変換 for Macというソフトがお勧めとなります。「メディア変換  for Mac」はMacのFLVをiPhone用に変換できますし、iPhoneのために最適化されたプリセットも提供されます(iPhone5S、iPhone5C、iPhone5、iPhone4SとiPhone4)。しかも、設定や解像度の設定に悩まされることもありません。ビデオの変換過程で、この専門アプリがすべて行ってくれるので、ビデオの品質や変換速度についてはあまり心配しなくてもよいのです。

3つのシンプルなステップで、Mac OS XでFLV動画をiPhone形式に変換しましょう!

1  Mac用のコンバーターへFLVファイルを追加

アプリにFLVファイルを直接ドラッグするか、ファイルの「追加」ボタンからインポートできます。 FLVファイルの不要な部分を取り除くには、右側の「編集」アイコンを選択し「トリム」をクリックして、サイズを小さくまたは大きく変換できます。「エフェクト」ではグレー、エンボス、古いフィルムなどがあり、元のビデオのエフェクトをよりオシャレにします。

2 形式のリストから、iPhoneのプリセットを選択

iPhoneプリセットを選択するだけで良いです。ソフトが自動的に解像度、フレームレートなどを設定します。iPhoneで画面はかなり格好良くなるでしょう。

3 Mac OS XでFLVをiPhoneに変換開始

開始するには、「変換」ボタンをクリックするだけです。完了すれば変換した動画をiPhoneで好きな時に楽しめます!

メディア変換 for Macは、特にAppleのiPhone 5S、iPhone 5C、iPhone 5、 iPhone4S 用に設計されています。
iPhoneユーザーは、iPhoneでのビデオ視聴に絶妙な経験が可能となります。

iPhone対応ビデオフォーマット

H.264ビデオ:1080pまで、最大160 KbpsのAAC-LCオーディオ、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマット、mp4、およびmovファイルフォーマットで48kHz、ステレオオーディオ付きの第二、ハイプロファイルレベル4.1あたり30フレーム。

MPEG-4ビデオ:最高2.5 Mbps、640から480ピクセル、チャネル当たり最大160 KbpsのAAC-LCオーディオ第二、シンプルプロファイルあたり30フレーム、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマット、mp4、およびmovファイルフォーマットでのステレオオーディオ、48kHz。

モーションJPEG(M-JPEG) :最大35 Mbps、ULAWのオーディオ720ピクセル、毎秒30フレーム、aviファイルフォーマットのPCMステレオオーディオで1280。

渡辺純子

Jul 27,2015 14:17 pm / Posted by to FLV変換

関連トピックス

Home > FLV変換 > FLVをiPhoneへの変換
Top