ビデオカメラのビデオをiMovieに変換、取り込む

iMovieはMac上で最も人気のあるビデオエディターです。その一目で分かるインターフェイスと素晴らしい編集機能は自分のビデオをより素晴らしいものにします。ビデオカメラで撮影したビデオを編集するために、iMovieにインポートするには、次の操作方法を参考にしてください。

1.Macにビデオカメラを接続します。

2.ここから、2つの方法に分かれます。

お使いのビデオカメラが、iMovieで認識できる場合は、ビデオエディターは自動的に開き、インポートするかどうかを尋ねます。iMovieが表示されなかった場合は、手動で開き、ビデオクリップをドラッグ&ドロップします。
iMovieがビデオカメラなどを認識できない場合は、ファイルのビデオフォーマットのせいかもしれません。この時は、まず、ビデオカメラのビデオをiMovieに対応したビデオに変換し、撮影された映像をMacへコピーしてください。

iMovieにビデオカメラの映像を変換するには、iSkysoft 「究極動画音楽変換 for Macがお薦めです。ビデオカメラのAVCHD(MTS/M2TS)やDVを含む、すべてのフォーマット間のビデオを変換することができます。また、iMovieの出力ビデオを最適化し、タスクの実行中に、直接iMovieのプリセットを選択することができます。

MacでビデオカメラのビデオをiMovie用に変換する方法

1)ビデオカメラのビデオをインポート

「究極動画音楽変換 for Mac」をインストールし起動た後、映像を直接ドラッグ&ドロップしてインポートします。あるいは上部のメニューバーの上部から「ファイル」→「メディアファイルを読み込む」を選択します。 また、事前に映像を拡張するために「トリミング」「マージ」「字幕を追加」するなど、いくつかの便利な編集機能を提供してくれます。詳しくはiSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」のユーザーズガイドを参照してください。

iMovieにビデオカメラを変換

2)出力形式としてiMovieを選択

直接、出力ビデオフォーマットを設定することができます。アイテムバーのアイコンをクリックして、ドロップダウンされた出力形式のリストから、「iMovie」タブをクリックします。

iMovieにビデオカメラを変換

3)iMovieにビデオカメラを変換

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Mac画面の下部にある「変換」タブをクリックすると、残りの作業は自動的に完了します。

関連トピックス

Home > デバイス用の動画変換 > iMovieにビデオカメラのビデオを変換し、取り込む
Top