MacでAVCHDをFinal Cut Proに取り込む方法



ビデオカメラで撮影されたAVCHD動画をFinalCutProで編集できるか。

Q: 私は、主に、メディア編集にFinal Cut Pro を使用する目的でMacBook Proを買いました。 問題は、私のビデオカメラはAVCHDを使用した高精細ビデオカメラであることで、AVCHDは、Final Cut Proが認識することができません。


A: Final Cut Pro 7は、簡単にパナソニック、ソニー、日本ビクター、キヤノンの最新のAVCHDファイルベースのデバイスで作動します。ちなみに、ソニーは、XDCAM HDカムコーダーなどの数種類だけが対象です。そこで、Final Cut Pro でAVCHDファイルの読み込みに問題が発生しているときは、問題を解決するためには、Final Cut Pro(Final Cut Expressを含む)で、AVCHDをDVのような互換性のある形式に変換しなければなりません。

avchd-to-final-cut

AVCHDをFinalCutProで編集できるような形式に変換して、取り込む

この記事では、Mac(Snow Leopard、Lionを含む)上で、AVCHDをFinal Cut Pro(ファイナルカット・プロ)形式に変換する方法をステップ・バイ・ステップを紹介します。なお、ビデオファイルの高画質を維持するためには、Final Cut Pro用のプリセットがあるiskysoft「究極動画音楽変換 for Macの助けが必要です。

それでは、シンプルな操作でFinalCutProの編集できる形式にAVCHDを変換する方法を紹介します。下記のアプリをお使いのMacにダウンロードし、インストールしてください。

「TIPs」:このアプリにはDVD作成機能も備わっています。ファイナルカットに取り込んで編集された動画をこのソフトでDVDへ書き込んで、大画面TVで楽しんだりすることができます。

   

2ステップでMacでFinal Cut Proで読み込むファイルにAVCHDを変換する方法

ステップ1 ファイナルカットプロで編集したいAVCHD動画をアプリに追加

「AVCHD FinalCutPro 変換」アプリを起動します。
メインフェイスに直接、読み込みたいAVCHDファイルをドラッグ&ドロップします。
あるいは、「+」をクリックし、読み込みたいAVCHDファイル選択し、追加します。

TIPs:
① 一度に複数の動画ファイルを追加することができ、時間も節約し、非常に便利です。
② 右下にある「複数の動画を結合」をONにすると、複数のビデオクリップを一つに結合し変換されます。

ファイナルカットプロで編集したいAVCHD動画をアプリに追加


ステップ2 MacでAVCHDをFinal Cut Proの読み込める形式への変換開始

① 出力形式の「編集する」から「Final Cut Pro」を選択すると、自動的に出力ファイルの解像度、ビットレート、フレームレートを設定します。または、「ビデオ」から、FinalCutProで対応できる形式―MOVなど―を選択します。

② 準備ができたら、「変換」タブをクリックすると、AVCHDからファイナルカットプロへの変換が始まります
。変換後のビデオは、自由にFinal Cut Expressで編集・再生できます。また、変換されたAVCHDファイルは、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iMac上で作動するFinal Cut Proでも、使用することができます。

「TIPs」: 「作成」モードでは編集された動画をDVDに書き込むことができますよ!

MacでAVCHDをFinal Cut Proの読み込める形式への変換開始

このMac用の「finalcut AVCHD 変換アプリ」は、変換後に自動的にパソコンの電源をオフにする設定になっています。
このソフトなら、元のファイルの品質を落とさずに、精度の高い状態でビデオ変換を行ってくれるので安心です。
ぜひ、変換ソフトを使用してFCPで最高の作品を作成してみましょう。

   

究極動画音楽変換 for Mac

  • AVI、MP4、MOV、M4V、MKV、3GP、MP3、AACなどのメディアフォーマットをDVDに変換可能
  • iPod、PSP、Xbox、iMovie、Final Cut Pro、iPhoneのようなデバイスに最適化された形式に変換可能
  • トリミング、ビデオエフェクトが適用でき、より多くの便利な編集機能
  • Windowsシステムも対応→Win版こちらへ
Back to top