Part 1. Final Cut Pro動画をYouTubeにアップロードするには

Final Cut Proは思い出に残るお気に入りの動画を素晴らしい方法で編集できると、一般的に知られたメディア編集ソフトです。音声、画像、カラーコンビネーション、その他のテンプレートなどの高性能のツールや既定のオプションは動画編集初心者の方にもわかりやすくできています。また編集オプションをカスタマイズすることで、Final Cut Proをより簡単にお使いいただくこともできます。編集後の動画をYoutubeへアップロードしたいが、やり方が難しいという方も大勢いらっしゃるでしょう。そのような方へ、Youtubeへのアップロードの仕方を詳しくご説明いたします。

Final Cut Proで作成したメディアファイルをYoutubeへエクスポートする方法を説明する前に、まず動画を素早くアップロードするには圧縮ファイル(低解像度の)に変換すべきということをお伝えします。しかし、この方法も必須ではなく、元のファイルのままアップロードすることもできます。ただ、ファイルを圧縮することは時間の節約になるというだけです。ここでは小さいフォーマットと同様、高解像のフォーマットに関する定義済みの設定をご紹介します。

フォーマットの設定

 小さなフォーマットの設定:
  • 解像度:842×480
  • ビデオコーデック:H.264エンコードの高速化
  • 形式:Webホスティング
  • より小さなフォーマットサイズのために行くことができます。
 高解像度フォーマットの設定:
  • 解像度:ビデオがで撮影されているもの解像度で、それは非常に同じパターン上に表示されます
  • ビデオコーデック:Appleプロ-RES422
  • 形式:ビデオとオーディオ

final cut pro to youtube

Final Cut Pro動画をYouTubeにアップロード

  • 1. ビデオ編集完了した後、Final Cut Proを起動します。
  • 2. オプションバーのオプションを「ファイル」をクリックします。
  • 3. そして、「共有」オプションに移動します。
  • 4. 「マスターファイル」を選択します。
  • 5. 小さなウィンドウがオプション「情報」の画面と「設定」に表示されます。
  • 6. 表示される「設定」メニューをクリックした後、動画の形式を選択することができます。
  • 7. このオプションを再度「ファイル」に移動した後、次に「共有」ボタンに移動します。
  • 8. アップロードと同時に取得し、出力ファイルに「ユーチューブ」をクリックします。
  • 9.「サインイン」をクリックしてYouTubeアカウントにサインインします。
  • 10. その後、「次へ」ボタンをクリックします。
  • 11.次のウィンドウで動画をアップロードするには、「公開」をクリックします。
  • 12. 直接WebブラウザにYouTubeに開きます。
  • 13. YouTubeのアカウントにログインします。
  • 14. 「アップロード」ボタンと「ビデオマネージャ」をクリックします。
  • 15. ここでは、ビデオがアップロードされました。

final cut pro to youtube

Part 2. Youtubeへのアップロードに適したサイズ

Final Cut Proから直接Youtubeに動画をアップロードすることはできても、その動画は低画質となってしまいます。それを防ぐため、アップロードする前にYoutubeに適したサイズに変換し、オーディオパラメータを設定する必要があります。その作業にお勧めなのが、Mac向けのiSkysoft 究極動画音楽変換です。iSkysoft 究極動画音楽変換を使えば、Final Cut Proで編集したMOV動画を画質を落とすことなく、Youtubeに互換性のあるフォーマット(MPEG4、MP4、FLVなど)に簡単に変換することができます。

Youtubeへのアップロードに適したサイズ

  • 240p: 426x240 (16:9)
  • 360p: 640x360 (16:9)
  • 480p: 854x480 (16:9)
  • 720p: 1280x720 (16:9)
  • 1080p: 1920x1080 (16:9)
  • 1440p (2k): 2560x1440 (16:9)
  • 2160p (4k): 3840 x 2160 (16:9)
import YouTube video to Final Cut Pro Mac

Part 3. Final Cut ProへインポートするためにYoutube動画をダウンロードするには

動画をダウンロードするためのソフトはたくさん売られており、特にYoutube動画をダウンロードするためのものは多数存在します。一度そのソフトをダウンロードし、インストールすると、すぐにYoutubeから動画をダウンロードできます。以下に、Mac向けでYoutube動画をダウンロードするのに、最も一般的で使いやすいと評判のソフト、iSkysoft iTube Studioをご紹介いたします。

import FCP Video to Final Cut Pro Mac

FCPにYoutube動画をダウンロード、インポートするには

YouTube to FCP

ステップ 1. アプリケーションを実行します。フィルターウィンドウの上部、右角にある”Download”をクリック。次に”Paste URL"を押し、ダウンロードしたい動画のURLアドレスを貼り付けると、動画のダウンロードが開始されます。

ステップ 2. ダウンロード動画の前面に"convert"ボタンが表示されます。ご所望の設定やフォーマットを選択してください。ボタンをクリックすれば、選択したフォーマットの動画になります。

Back to top