iSkysoft > PDF編集・加工>

iSkysoft PDF編集 for Mac:MacでPDFに注釈を付ける方法

MacでPDFに注釈を付ける方法

  

PDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)は非常に人気が高い保存形式ですが、それには多くの理由があります。1つは、多人数でPDFファイルを見直して、変更や編集できるということです。また、Webサイト上で公開したり、他のユーザーと共有する場合に、ファイルのセキュリティを提供します。その理由の中でも、最も大きな理由は、テキストやコンテンツに注釈を付けたり、強調したりできることでしょう。

お使いのコンピュータが、Mac OS Xの場合は、内蔵された基本的な注釈しかサポートされていませんので多少不便だと感じるでしょう。そこでお勧めしたいのはiSkysoft「PDF編集 for Macで、注釈を追加するなど、PDF文書を編集するためのすべての定型的な注釈ツールを提供しています。例えば、テキストボックス、フリーハンド描画ツール、付箋、複数のライン描画ツール、マークアップツールなどが含まれています。「ツール」メニュードロップダウンリストからすべてのツールが追加でき、お気に入りの注釈ツールを追加するツールバーをカスタマイズすることも可能です。また、Windowsに対応したiSkysoft 「PDF編集 for Windows」もあります。

PDF編集 for Macを使ってMac上でPDF文書に注釈を付ける方法

ここからは、Mac OS X(Mountain Lionを含む)でPDF文書に注釈を作成する方法についてご紹介します。まず、iSkysoft 「PDF編集 for Mac」をダウンロードし、それを起動してください。

1.テキストボックスと付箋を使って注釈テキストを作成

付箋やテキストボックスは、PDFページのどのページにも追加でき、ミックスして一体化させることもできます。まずは追加するために、テキストボックスあるいは付箋を選択し、追加したい情報を入力します。デフォルトでは付箋は黄色で、テキストボックスは赤で表示されますが、色を変更することが可能です。

2.図形や線を使用して注釈を作成

図形や線を描画し、ページ上に追加できます。

3.フリーハンド描画の追加とハイパーリンク

ツールバーには、PDFページに描画するための「鉛筆」タブがあります。描画を間違えた場合は、「消しゴム」ツールを使ってください。また、「ハイパーリンク」を使ってページ内のリンク「URL」を追加することもできます。

4.マークアップドキュメント

特定のテキストを強調して表示したい場合は、「マークアップ」ツールを使いましょう。蛍光ペンの色を変更できます。このツールは、情報を消したり、重要なセクションを強調したりすることができます。

PDF編集

iSkysoft「PDF編集 for Windows

「注釈」ツールは、ファイルにコメントを挿入したり、コンテンツに注釈を付けたりするタブです。「コメント」は、図面または書面の形態で、フィードバックしたり共有するために使用されます。「付箋」ツールは、テキストメッセージを入力できます。また、「描画」ツールは、添付されたポップアップ型メッセージを、円、ラインなどの他の形状を追加することで、PDFに注釈を付けられます。

iSkysoft「PDF編集 for Windows」は、Windows 8上でも作動し、利便性と高度な機能を提供し、使いやすいソフトウェアです。
また、iSkysoft「PDF編集 for Windows」は、PDFファイルの編集だけでなく、暗号化、変換、マークアップ注釈の添付――などのために柔軟なプラットフォームを提供し、迅速かつ簡単な手順で複数の操作を行います。数回クリックするだけで、コメントを追加したり、挿入したりすることが可能です。
  •    

お勧め製品

PDF変換 プロ for Windows

PDF変換 プロ for Windows

6980円
4980円

一般PDFファイルもスキャンされたPDFファイルも簡単にWord、Excel、PPT、EPUB、HTMLやTextなどのフォーマットに変換。


PDF編集+OCR for Windows

PDF編集+OCR for Windows

5180円

簡単かつ効果的にPDFファイルを編集・変換・作成。OCR機能も搭載するので、スキャンされたPDFを選択可能、検索可能、編集可能なファイルに変換可能。

人気記事

Back to top