iSkysoft > 各形式の動画をDVDに>

簡単にiPhone6動画をDVDに焼くやり方。

iPhone6動画をDVDに焼く方法

  

iphoneiphone dvddvd

私は、iphone6の動画モードが手軽で簡単なのでよく使います。 特に、子供の誕生会やクリスマスパーティーなど、日常の何気ないひとときを録画しています。

この動画をDVDディスクに焼いて、祖父や母にも見せてあげようと思います。 今回は、iSkysoft社の「DVD Burner for Mac」を使ってiphone6の動画をDVDに焼いていきます。

このソフトは操作が非常に簡単です。パソコン操作に疎い方でも心配ありません。 DVDに焼いても動画の劣化が無く、高画質のまま高速で焼きつけが出来ます。
iSkysoftDVD Burner for Macのホームページに、無料体験版のアイコンがあるので選択します。

iPhone6動画をDVDに焼くには?

準備すること:

1.Safari画面右上のダウンロードアイコンをクリックし「.drm」をダブルクリックします。

2.新しく現れたウインドウの左のアイコンを右「Applications」にドラッグします。

3.アプリケーションファイルを開き、「iSkysoft DVD Burner」をダブルクリックし「開く」を選び起動させます。

ps、無料体験版を選択する場合は「後でする」、製品版を購入する場合は、「購入」を選びます。 購入を選びEメールアドレス、登録コードを取得したら入力し製品登録を選択します。

これで準備ができましたので、DVDに焼いていきましょう!

ステップ1.iphone6を付属のUSBケーブルでMacに繋ぎます。

ステップ2.Macに付属のイメージキャプチャを起動します。

ステップ3.iPイメージキャプチャ内にiphone6カメラロール内の写真、動画が表示されている事を確認します。

ステップ4.動画を選択し「読み込み」をクリックするとMacに動画がインポートされます。

ステップ5.「DVD Burner for Mac」起動すると始めに「新プロジェクトを作成」もしくは「既存のプロジェクトを開く」とあります。

ファイルを追加 idvd ライオン

ステップ6.前回、編集途中で保存したデータがある場合は「既存のプロジェクトを開く」で作業の再開が出来ます。 今回は、初めてなので「新プロジェクトを作成」をクリックします。

メイン画面が現れます。

ファイルを追加 idvd ライオン

ステップ7.動画ファイルをインポートします。

右上のプラスボタンで動画を選択するかドラッグ&ドロップします。

右側に動画ファイルがリスト状に並びます。

上の上下のボタンで動画の順番が変えられます。

編集を加えたい場合は、編集する動画を選択し、現れた編集ボタンを押します。

編集画面に切り替わります。 編集画面では、クロップと言う機能を使い、余分な枠を削除したり、トリミングで不必要な場面を消したりすることが出来ます。

ファイルを追加 idvd ライオン

ステップ8.右下のDVD作成をクリックします。

新しいウインドウが出てきます。 このウインドウでは色々な出力の設定が出来ます。 DVDディスク、ISOファイル、DVDフォルダ、DVDMediaファイルとあります。

今回は、DVDプレイヤーで再生できるDVDを作成したいので、DVDディスクを選択します。

ファイルを追加 idvd ライオン

ステップ9.NTSCにチェックが入ってる事を確認して、「保存」をクリックします。

てDVDを焼くライオンidvd

こうしてiphone6で撮影した動画をDVDにする事で、誰かにあげることが出来ます。「iSkysoft DVD Burner for Mac」で家庭の大きいなテレビなどでみることも出来ますよ!

お勧め製品

万能データ復元!for Mac

万能データ復元!for Mac

8980円
7680円

削除されたデータ、フォーマットされたデータ、消えてしまったデータを完全に復元します。


DVD Burner for Windows

DVD Burner for Windows

3980円

ビデオをDVDディスクに作成するには、強力な機能を持つ「iSkysoft DVD Burner」が最適です。

人気記事

Back to top