Windows8でムービーメーカーの動画をDVDに焼く方法

> How to > DVD作成ソフトレビュー > Windows8でムービーメーカーの動画をDVDに焼く方法

Windowsムービーメーカーで編集された動画をDVDに焼きたいですか。

あなたは、お子さんや、お孫さんの写真やビデオ、旅行の思い出の写真やビデオを、どのように撮り貯めているでしょうか?ビデオは撮ったまま、写真はデジタルカメラの中に入ったまま、眠っていませんか?

ムービーメーカーWindows8版は、そんなデジタルカメラや、ビデオカメラに溜まった動画データをカットしたりして、ビデオに写真を取り入れた動画に作ったり、写真をスライドショーに編集して、保存することが出来ます。しかし、ムービーメーカはDVDに書き込みできないので、編集された動画もそもままDVDプレヤーで再生できないのです。そのため、まず動画をWindows8DVD作成ソフトでDVDに焼いて、プレヤーで再生できるようにして、友人や家族と大画面TVで一緒に楽しむことができましょう。
そこで、今回は、ムービーメーカで動画編集する方法とWindows8専用DVDメーカーソフトでDVDへ書き込む時の使い方を紹介します。


Part 1: WindowsムービーメーカーでDVDに焼くビデオを作成する

下記でDVDに作成したい写真をムービーメーカーWindows8で動画にする方法を紹介します。

ステップ① Windows8ムービーメーカーを立ち上げます。

ステップ② DVDに書き込みたい写真やビデオをWindows8ムービーメーカーに追加しますね。 画面右側に「ビデオおよび写真を参照するには、ここをクリックします。」と、あるのでココをクリックします。そして、新しく現れたウインドウの中に、使いたい写真やビデオを選択して「開く」をクリックしして、写真が追加されます。

ステップ③ 追加された写真をムービーメーカーのタイムラインに追加し、写真の順次や再生時間などを設定し、その上で動画や写真を編集していきます。

ステップ④ あとは、ムービーメーカーで編集されたビデオPCに保存し、DVD作成ソフトに追加すればOKです。


Part 2: WindowsDVDメーカーソフトでDVDに書き込む方法

ステップ① Windows専用のDVD作成ソフトをダウンロードする

まずDVDメーカーであるiSkysoft「 DVD Burner for Windowsをダウンロードし、お使いのPCにインストールしましょう!
Windows8 dvd 書き込みソフトiSkysoft「DVD Burner for Windows 」はソフトはシンプルインターフェイスを持っていて、パソコンで初心者でも説明書なしで簡単に使えます。対応形式から見ても、WindowsDVDメーカーよりずっと幅が広く、MP4、WMV、AVIなどの通常形式や、デジタルカメラや、高画質ビデオカメラなどは当たり前ですが、iPhoneや携帯から、今流行のVimeoやYouTubeなどwebサイトからダウンロードしてきた動画などの、データにも対応して、高画質のDVDへの作成が可能です。
対応OSも豊富で、Windows8だけでなく、Windows10/7/Xp/VISTA/10など全部対応しています。ちなみに、下記紹介するムービーメーカーをDVDにやく方法はWindows7などのシステムも適応していますよ。


ステップ② DVDに焼きたいムービーメーカービデオを追加する

まずは、ムービーメーカーで編集し、PCに保存されたいた動画をDVDメーカーに追加します。追加方法は下図のように二つあります。複数の動画を一気に追加することがあります。

「TIPs」 

・ 複数の動画をDVDに書き込む場合、DVDタイトルを追加し、動画を分類できます。

・ 複数の写真を一気にインポートし、自動的にスライドショーが作成されます。スライドショー作成したい方は、ぜひ試してみてください。

ステップ③ 動画編集機能付きする(オプション/Windows8対応)

このソフトは動画編集機能もついていますが、もしWindowsムービーメーカーがインストールされない場合、この機能を使って、DVDに作成したい動画を簡単にトリミングしたり、明るさの調整や字幕を追加したりすることができます。

ステップ④ 素敵なDVDメニューを選択・作成 (オプション)

WindowsDVDメーカーより優れた機能の一つです。このソフトは多くのメニューテンプレートを提供しています。
ワンクリックで好きなメニューを使えます。
さらに、テンプレートの上にカスタマイズできるので、自分なり個性的なDVDメニューを作成されます。

ステップ⑤ ウィンドウズムービーメーカーの動画をDVDに書き込む

編集の作業が終了したら、3つ目の作業のMPEGからDVDへの書き込み作業に入ります。
プレビューで映像を確認した後、「DVD作成」の項目から作成画面に移動します。
空のDVDを挿入し、DVD作成に関する設定を確認します。
特に問題がなければ、画面下の「DVD作成」ボタンでDVDに書き込みが開始されます。これで、作業は終了です。


このように、ウィンドウズ8 ムービーメーカーで編集された動画をDVDに作成する作業が終わります。
簡単でしょう!このソフトは近日Blu-ray作成機能がリリースされたので、Blu-rayへの書き込みが可能になります。

皆さんもiSkysoft 「DVD Burner for Windowsでムービーメーカーの動画をDVD化し、オリジナルの作品を楽しんで頂ければと思います。



関連トッピクス