NeroとRoxio、DVDの作成にはどちらがいいの?

OS(オペレーティングシステム)選びに迷った方に朗報!

あなたはWindowsとMac、どちらのOS(オペレーティングシステム)をお使いですか?世界的なシェアで言えば、Windowsを愛用している方がほとんどです。日本でも多くの企業や官公庁、教育機関に導入されているのはWindowsです。しかし、Macに根強い人気があるのも事実です。音楽や映像に関係する仕事をしている方が好んで使っているほか、最近では一般の学生や主婦も図書館やカフェなどでMacBook(ノートPC)を広げている姿を目にします。デジタル関係に疎い人やパソコンを使用したことがない人にとっては、「結局、WindowsとMacではどちらが良いのか?」という疑問がついて回ると思います。そこで今回は、両者のメリット・デメリットを比べてみましょう。

Windowsのメリット:

    まず、高いシェアを誇るWindowsのメリットをご紹介します。上記に書いたとおり、使用しているユーザーが圧倒的に多いため初心者の方でも安心してお使いいただけます。インターフェースもXP以降のバージョンは大きな変更がないので、基本的な操作を覚えてしまえば抵抗なく扱えるはずです。家電量販店などで購入したWindows PCにインストールされていることの多い、オフィスソフト(Word、Excel、PowerPointなど)はあらゆる場面で使われる頻度の高いソフトです。これらのソフトを扱うスキルを証明する資格であるMOS(Microsoft Office Specialistの略)検定を取得しておけば(最新のバージョンが理想)、どんな事務系の職場でも即戦力となれます。

Windowsのデメリット:

    デメリットとしては、パソコン中級者(基本操作にある程度慣れていて、応用も利くがプログラミングや専門用語はよく分からないレベル)の都合に悪いことがあることです。例えば、初心者が疑問を解決しやすいように装備されている操作ナビなどの必要ないソフトが入っています。使用状況によってはCドライブの容量を圧迫することがあります。さらに、Windows搭載パソコンは見た目を重視する人にとっては端子やメディアスロットがむき出しでカッコ良くないという指摘もあります。

Macのメリット

    ところで、Macはどうでしょうか?Windowsでありがちな、使わないソフトが最初から入ってしまっているということがありません。基本ソフト以外は入っていない状態で売られているため、ユーザーの好みに応じてカスタマイズすることが可能です。標準搭載の基本ソフトも余計なボタンは少なく、直感的な操作が魅力です。また、デスクトップ、ノートどちらとも見た目がスタイリッシュで使っている姿が絵になります。以前指摘されていたオフィスソフトの互換性の問題も今はほぼ解消されています。

Macのデメリット:

    悪いところとしては、操作に慣れないと人によっては扱いが難しいと感じることがあります。ユーザー数が相対的に少ないため、疑問を近くの人に聞いて解決することが難しいかもしれません。しかし、Mac製品を扱っているショップに行けば丁寧に教えてくれますし、専門雑誌やネットから解決のヒントを得ることもできます。

いずれにせよ、どちらのOSを使用するかはあなた次第です。これからパソコンを購入する人はこの記事を参考にしていただいて、用途(仕事、趣味サークル、遊びなど)・使用頻度・重視する機能・見た目・耐久性など総合的に検討してみることをお勧めします。

 

DVD Burner for Windows」の操作手順

  • 「DVD Burner for Windows」に画像や動画などをインポートします。

  • 画像や動画などの素材を編集します。

  • DVDメニューを作成します。

  • DVD作成を開始します。

 

 

 

 

 

 

Back to top