iSkysoft > DVD作成ソフトレビュー>

Windows用のiDVD

iDVDのWindows版でDVDを作成

  

MacのiDVDのような簡単で使いやすいDVD作成ソフトで、windowsでつかえるものを探しています?

iDVDは、言わずと知れたアプリケーションセットであるiLifeに入っている(一部入っていないものもある)DVD作成ソフトです。高度な専門知識を必要とせず、気軽にビデオや写真のスライドショーを作ってDVDに焼けるので人気があります。しかし、この革新的なソフトはiMacやMac Book Proなど、Mac OSを搭載するパソコンでしか使用できません。このことを不満に思う一部のユーザがいることも事実ですが、裏を返せば、だからこそMacを使う良さがあるのだとも考えられます。もし今これを読んでいてオリジナルDVDが作りたいけれど、Windowsマシンだから諦めようとしている方がいるのなら、それはまだ早いでしょう。

iDVDに肩を並べるほどの実力をもつソフトが「iSkysoft DVD Burner for Windows」です。無料ではありませんが、ありとあらゆる静止画・動画形式への対応はもちろんのこと、編集操作が直感的にでき、多くのテンプレートによって体裁を整えることが可能です。

iSkysoft DVD Burner for Windowsの特徴

1.編集は向きの修正、カット、クロップ、コントラストの調整などができるようになっています。

2.出力もDVDディスク、DVDフォルダ、ISOイメージファイルの三つがサポートされているので、適宜使い分けることができます。

3.テンプレートは5種類のテーマ(共通、家族生活、イベント、思い出、自然)があり、ネットからダウンロードして追加もできます。

ここからは、iDVD Windows版ソフト「iSkysoft DVD Burner for Windows」を使ってのオリジナルDVD作成までの流れを解説します。

1動画や写真ファイルをインポート

始めにソフトを起動させますが、素材を読み込んでいないので空っぽの状態で開きます。ソースと書いてあるタブをクリックすると、インポートというボタンが現れます。それをクリックするとその時読み込み可能な写真や動画が一覧表示されます。編集で使用したいものを追加してください。

動画や写真ファイルをインポート

2動画や写真ファイルを編集

読み込んだ動画を自分の感性で思い通りに編集します。この時重要なのは、失敗を恐れず様々な操作を試してみることです。どうにもならなくなってしまったらリセットもできるからです。

動画や写真ファイルを編集

3多彩なDVDメニューを作成

編集が終わったら、メニューなどのカスタマイズを行います。すぐにDVDを作成することもできますが、ビデオ解像度の設定を先にしておきましょう。16:9と4:3から選ぶことができますが、再生をするであろうプレイヤーのサイズに合わせることをおすすめします。

多彩なDVDメニューを作成

4DVDの作成開始

空のDVDを挿入し、「DVD作成」の項目から作成画面に移ります。設定を確認して問題がなければ、画面下の「DVD作成」ボタンを押すだけです。

DVDを作成

この製品は十分iDVDのWindows版と言えると思います。興味のある方はiSkysoft DVD Burner for Windows」無料体験版を是非お試しください。

お勧め製品

DVD Burner for Mac

DVD Burner for Mac

3980円

MacのDVDプレイヤーで直接再生できるように、DVDディスク、DVDフォルダ、ISOまたはdvdmediaファイルを焼くことができます。


究極動画音楽変換 for Windows

究極動画音楽変換 for Windows

6980円
5580円

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windowsは非常に高い互換性の高いソフトで、動画変換、音声変換、DVD変換、DVD作成、Web動画のダウンロードなど豊富な機能を装備するスーパーソフトウェアです。

人気記事

Back to top