MacでVROファイルを、MPEGに変換する方法


VROを劣化せずに変換したい!

VROファイルですが、基本的にはMPEGファイルの拡張子が違うだけと言うことはお伝えしてきました。 しかし、CPRMや市販のDVDなどのファイルは、そのままでは編集や、専用ソフト無しでは視聴をすることが出来ません。 それらをするためには、今まで複数のフリーソフトやシェアソフトを利用することで変換をしつつ、ファイルを作成していました。 それで出来上がったファイルの仕上がりを確認すると、画質の劣化や温室の劣化などが発生してガッカリされたことも多いのではないでしょうか。
VROファイルはDVD(BD)で作成したビデオのフォルダに収納されている、映像(音楽)のファイルです。 これは確かにデジタルデーターであり、劣化をすることは考えづらいのですが今までのフリーソフト+シェアソフトでは、個人または同人による有志が作成しているに過ぎず、出来る事のレベルは限られていました。


vro-to-mpeg-on-mac

VROを劣化せずに変換する方法

これらの残念な状況を発生させないためには、VROファイルを適切にMPEGファイルに変換する必要があります。
「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Mac」に関しては、これらの煩雑でしかも劣化をするような作業を省くことが出来ます。

「 究極動画音楽変換 for Mac」はiskysoft社がMac用にローカライズした、プロの手によるソフトウェアとなります。
その為、個人レベルでは作成できなかったプログラム・アーキテクチャ・ロジックなどをしっかりと構築させており、どのようなユーザーが利用したとしても均一な出力でMPEGファイルを生成できます。 もちろんセミプロの方が利用されれば、細かな設定により、より精細かつ大胆な映像として編集することも可能です。では、MacでVROファイルをMPEGに変換する方法をぎお紹介します。

   

MacでVROファイルをMPEGに変換する方法

ステップ1 MPEGに変換したいVROファイルを「Mac変換ソフト」に追加する

追加方法は下図のように3つあります。
 ①VROファイルをVROのコンバータにドラッグ&ドロップします
 ②「+」ボタンから、指定のファイルからVRO動画を追加します

TIPs:一度に複数のVROファイルを追加することができるので、時間の短縮になり、非常に便利です。

MOVに変換したMTSファイルを「Mac変換ソフト」に追加する


ステップ2 「MPEG」を出力形式として選択しVROをMPEGへ変換を始める

メインフェイスのしたにある「ビデオ」をクリックし、出力形式を「MPEG形式」を選択します。
残りの作業を終了させるには、「変換」タブをクリックしMTSを変換開始します。

「Tips」
① VROファイルを適した形式に変換する際に必要なビデオフォーマット(例えばAVI、MOV、MP4、MPEG、WMVなど)はほぼ全て提供されています。またiMovieでやiPhone(iPhone6s、iPhone6s plusも含む)、 iPad、iPod、PSPなどをそれぞれの適した形にすることで、ビデオを最適化設定することが可能です。
② 「複数動画を結合」ボタンをONにすれば、連続したファイルを取得するためのMTSファイルを結合することにも対応しています。

「MOV」を出力形式として選択し、MTSをMOVへ変換を始める

以上で、VROからMPEGへの変換が完成しました。
次はこのソフトを使って、VROをDVDへ書き込む方法を紹介します。
まだソフトをインストールしない方は下記からソフトをダンロードしてください。

   
iSkysoft > MPG・MPEG変換>

MacでVROをMpgに変換

関連記事

ユーザーコメント

メディア変換 for Windows

時にはiPadやiPod用に、時にはメディアプレイヤー用にと、簡単に変換出来て、とても便利です。今は、YouTube...

- 石上 智

メディア変換 for Mac

仕事でクライアントの動画ファイルを急遽iPhoneやiPad向けに変換しなければならくこのソフトを採用してみま...

- 高森

Back to top