MacでMPGをFinal Cut Pro(ファイナルカット・プロ)用に変換する方法


MPGをFinal Cut Proで編集できるように変換したい!

編集用のFinal Cut ProにMPGファイルをインポートすることはできない――それは、多くの人が体験する共通の問題です。しかし、お困りになることはありません。Mac上のFinal Cut Proと互換性のあるフォーマットにMPGファイルを変換すれば、インポートすることができるのです。この記事は、Mac(Snow Leopard、Lionを含む)上で、MPGファイルをFinal Cut Proで使えるように変換する方法についてのチュートリアルをご紹介します。

まず、最初に、iSkysoft「究極動画音楽変換 for Macをダウンロードしてください。iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」は、MPGビデオファイルをFinal Cut Proで編集するために必要な変換を行う機能を提供し、ユーザーに役立つソフトウェアです。
次に、以下の詳細な手順に従ってください。


mpg-to-final-cut

   

2ステップでMacでMPGをFinal Cut Proで編集できるように変換する方法

ステップ1 iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」にMPGファイルを追加

起動したiSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」の画面に、MPGビデオファイルをドラッグ&ドロップします。あるいは、「+」をクリックし、変換したいMPGファイルを選択します。バッチ変換がサポートされているので、一度に複数のファイルを追加することができます。
TIPs:一度に複数のMPGファイルを追加することができるので、時間の短縮になり、非常に便利です。

iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」にMPGファイルを追加


ステップ2 Final Cut Proを出力形式として選択、Mac上で、MPGファイルのFinal Cut Pro形式への変換開始

出力形式としてFinal Cut Proに互換性のある形式のいずれかを選択する必要はありません。
iSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」は、出力形式としてすでにプリセットされた「Final Cut Pro」を持っています。出力形式のドロップダウンリストで「編集する」→「Final Cut Pro」を選択してください。

準備ができたら、「変換」タブをクリックして、MPGファイルがFinalCutProの互換性のある形式に変換開始されます。
変換するには数分を要しますが、変換後は、Final Cut Proで出力ファイルを編集できます。

出力フォーマットを選択し、MacのVIDEO_TSの変換を開始する

以上の変換作業はずいぶんと簡単ですね。わずか2つのステップで、あなたはそれを実行できるのです!
なお、今すぐiSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」のユーザーズガイドで、詳細をゲットしてください。

   

究極動画音楽変換 for Mac

  • AVI、MP4、MOV、M4V、MKV、3GP、MP3、AACなどのメディアフォーマットをDVDに変換可能
  • iPod、PSP、Xbox、iMovie、Final Cut Pro、iPhoneのようなデバイスに最適化された形式に変換可能
  • トリミング、ビデオエフェクトが適用でき、より多くの便利な編集機能
  • Windowsシステムも対応→Win版こちらへ
Back to top