MacでMP4をFinal Cut Pro(ファイナルカット・プロ)に変換する方法


Mp4をFinal Cut Proに読み込めない!

一般的にMP4ビデオの編集にはFinal Cut Proを使って行います。
対象ファイルにはソニーのDSC-M1のMP4ビデオカメラファイル、YouTubeのMP4ファイル、iTunesのMP4ファイルなども含み、われわれはこうしたファイルをより良く素晴らしいものにしたくて行うわけです。 ただFinal Cut Proは種類によってはMP4ファイルを取り扱えないことがあり、これはコーデックや何か他に原因があります。


mp4-to-final-cut

Final Cut Proで編集できるようにMP4ファイルを変換しよう!

こうした際にはMP4をDV、MOVなどFinalCut Proと互換性のあるファイルに変換することも考えられるでしょう。
この記事では変換するにはおすすめのソフトと方法を紹介します。

ここでiSkysoft「究極動画音楽変換 for Macをおすすめします。このソフトは機能の使いやすさと高速と高画質の変換で際立っています。 対応形式も多く、たった2ステップでMp4やMpgなどのファイルをFinalCutProで編集できるように変換されます。

まず、ここMacでMP4からファイナルカットプロへ変換できるソフトをダウンロードし、お使いのMacにインストールしてください。

   

2ステップでMacでFinal Cut Proで読み込むるファイルにMP4を変換する方法

ステップ1 Final Cutで編集したいMP4ファイルをソフトに読み込む

MP4ファイルを直接アプリにドラッグ&ドロップできます。
もしくは「+」をクリックし、出てきた画面でFinalCutの互換性ある形式に変換したいMP4ファイルを選択して追加します。

TIPs:一度に複数のMp4ファイルを追加することができるので、時間の短縮になり、非常に便利です。

Final Cutで編集したいMP4ファイルをソフトに読み込む


ステップ2 「FinalCutPro」を出力形式に選択し、MacでMP4を変換開始する

① メインフェイスの下側に「編集する」タブを選択し、「Final Cut Pro」を出力形式に選択しましょう!これを選択するとソフトが自動的に解像度、ビットレート、出力ファイルのフレームレートなどをFinalCutProの対応できるように設定されます。 もしくは出力形式としてMOV、DVなどを設定することで出力設定をカスタマイズできます。

② 設定が完了したら、「変換」ボタンをクリックすれば、MP4からファイナルカットプロへの変換が始まります。Mac変換ソフトは自動的に残りの作業を行います!
変換終了後、自由にFCPやFinal Cut Expressで使用できます。コンバータはMacBook、MacBook Pro、MacBook Air、iMac上で動作します。

出力フォーマットを選択し、MacのVIDEO_TSの変換を開始する

以上の変換作業はずいぶんと簡単ですね。わずか2つのステップで、あなたはそれを実行できるのです!
なお、今すぐiSkysoft「究極動画音楽変換 for Mac」のユーザーズガイドで、詳細をゲットしてください。

   

究極動画音楽変換 for Mac

  • AVI、MP4、MOV、M4V、MKV、3GP、MP3、AACなどのメディアフォーマットをDVDに変換可能
  • iPod、PSP、Xbox、iMovie、Final Cut Pro、iPhoneのようなデバイスに最適化された形式に変換可能
  • トリミング、ビデオエフェクトが適用でき、より多くの便利な編集機能
  • Windowsシステムも対応→Win版こちらへ
Back to top