aviファイルaviからmov変換mac movにavi変換

デジカメで撮影したり、インターネットからダウンロードしたAVIファイルがたくさんハードディスクに保存されているのではないでしょうか? これらの素晴らしいビデオをiMovieで編集し、AVIファイルをiPad、iPodやiPhoneで再生したくても、AVIファイルの使用は大きな制限があります。「Motion JPEG (M-JPEG) up to 35 Mbps, 1280 by 720 pixels, 30 frames per second, audio in ulaw, PCM stereo audio」のAVIが要求されています。したがって、AVIファイルはDivX、XviDなどの、 QuickTimeが認識できないコーデックでエンコードされた一般的なAVIファイルの種類であれば、MacでAVIをMOVのようなIOSとOS互換性のあるフォーマットに変換する必要があります。ここでiSkysoft「メディア変換 for Mac」をお勧めします。

QuickTime Proがインストールされている場合は、直接にMac AVIからMOVへの変換を行います。 ですが、QuickTime Proを持っていない場合は「avi 変換 Mac」を試しましょう。このMacアプリはすべての一般的なビデオまたはオーディオ形式の相互変換をサポートしています。

「dmg」ファイルをダブルクリックして、MacのAVI変換ツールをインストールします。そして、以下のチュートリアルに従って、AVIをMOVに変換タスクを行いましょう。

MacでAVI動画をQuickTime MOVに変換

ステップ1:「quicktime avi mov 変換」にAVI ビデオを読み込みます。

ビデオの読み込みには2つの方法があります。 一つ目は直接MacのビデオコンバータにAVIファイルをドラッグ&ドロップすることで、2つ目は 「フアイル」メニューにある「メディアファイルを読み込む」を選択することです。

バッチ変換が可能ですので、一度に複数のファイルを追加することができます。また、いくつかのファイルを1つに結合したいと、メインインターフェイスの下にある 「結合」ボタンをONにするといいです。

aviファイルmov変換

ステップ2:出力形式として 「MOV」を選択します。

「ビデオ」から「MOV」形式を出力形式として選択します。

MAC AVI動画movへ変換

出力したMOVファイルをiPhone(iPhone5s、iPhone5cも対応できる)、iPod、Apple TVなどの人気のポータブルデバイスで再生するには、提供されるIOSデバイスのプリセットを選択することができます。そうしたら、「avi quicktime 変換」は出力ビデオの設定を最適化しているので、ビデオは完全にデバイスに合います。さらに、Appleデバイスを選択した場合、このアプリはMacのiTunesに直接出力ビデオファイルをインポートします。

mac movファイルにaviを変換

注:「avi 変換 Mac」はいくつかの便利な編集機能を提供しています。クロップ、分割、エフェクトを追加、ビデオのお気に入りのシーンをキャプチャすることなど、さまざまな設定ができます。詳細はこちらへ:「メディア変換 for Mac」のユーザーガイド

ステップ3:MacでAVIファイルをMOVへの変換を開始します。

「変換」ボタンを押すと、この「avi quicktime mov」は自動的に残りのタスクを行います。このアプリは、Macユーザーのために設計されているので、Mac OS X 10.5以上(ライオンが含まれている)がインストールされているiMac、MacBook Pro、MacBook、MacBook Pro、MacBook Airで動作します。

変換が終わったら、出力されたMOV ファイルはiTunesで整理、IOSデバイスに同期させ、iPodなどのデバイスで再生、iMovieで編集するなどが全てできるようになります。「avi 変換 Mac」を使って、素晴らしいメディア体験を楽しみましょう!

 

Back to top