Home > チュートリアル > iOSデータ管理・転送

最新

従来のiPhoneシリーズより画面サイズが大きくなったiPhone6。画面の見やすさに魅力を感じ、iPhone6でiPhoneデビューした方もいるかと思います。また、ガラパゴスケータイからスマートフォンに初めて機種変更した方は操作や設定方法などに戸惑うでしょう。メールの同期設定でお手上げ状態の方もいるのではないでしょうか。そこで、今回はiPhone6にメールを同期する方法とメールが同期されない原因

iPhone6を使っていると、データ移行や、バックアップをする機会があり、そのためにはiTunesやiCloudとの同期が必要になります。もしものときのトラブルを回避するためにも常に同期する必要があると言えます。ところが何かしらの原因で同期がされないこともあります。そこで同期されない原因と対策、同期の方法を紹介していきます。

iPhone6でブックマークが同期できない原因と対策、失敗しない同期する方法を紹介します。

Androidスマートフォンの新しいバージョンが登場するということでAndroidユーザーである私はさっそく買い替えに行ってきました。買い替えた後はデータの移行作業をしなくてはなりません。連絡先や画像、音楽などのデータを新しい方へ移すのはもちろんのことですが、アプリデータも新しい方へ移したいところです。ここでは、Android同士でのデータ移行方法をまとめしました。

ドコモのiPhoneからAndroidへとデータを移行するためにはやっておくべきこととして「バックアップ」を取っておく必要があります。「バックアップ」を取って「復元」させることでデータの移行を行なうというものです。「iSkysoft スマホデータ移行」であれば、Google Driveなどのサービスを利用、経由する必要もありません。

スマートフォンへ機種変更する方々の人気を集める2機種がSamsung Galaxy S5とiPhone6になります。機種変更する場合に、Android系スマートフォンのosは「Android」、AppleのiPhoneは「iOS」とosの種類が異なるので、データの移行が簡単ではなく、スキルと時間を必要とします。そこで、スキルが無くとも簡単にデータの移行が出来るお勧めしたいソフトが「iSkysoft

データの移行はとても重要で、旧機種から新機種へと中身をそのままそっくり移すことができるので、引き続きデータを利用していきたいのであればやっておく必要があります。 ただ、どうすればいいのかわからない方々は多いのではないでしょうか。 そんな方々におすすめのソフトとしてiSkysoft社からでている「iSkysoft スマホデータ移行」を紹介したいと思います。

AndroidやiPhone同機種間またはOSが同じであれば、機種変更などで行なうデータの移行が楽に行なえて、すべてのデータを移す事もできますし、必要なものだけ移す事もできます。ところが、機種間でOSが違ってくるとスムーズにはデータを移す事ができません。その中で私が試した三つの方法を紹介してみたいと思います。