Home > チュートリアル > iOSデータ管理・転送

最新

写真を保存する方法はいくつかあり、どの方法を使ってもかまいません。Macか、WindowsPC、またはiTunesかiCloudをご利用になることをおすすめします。この記事はiPhoneの写真をバックアップする7つの方法をご紹介します。

iPad からiTunesへ動画を転送すると、いつでもiTunesから元に戻すことができます。iTunesを使用するにはパソコンが必要となりますが、Macユーザーの方にはiTunesに対応した、ここでiPadの動画の転送にぴったりな「iPhone データ転送 for Mac」というソフトを紹介します。

MacでiPodの曲をiTunesに入れることができないことです。つまり、MacにおいてiTunesからファイルを消去してしまうと、iPodからiTunesに曲をコピーすることはできません。このような状況に遭遇した時のお役立ちソフトが、「iSkysoft iPhone データ転送 for Mac」です。

iPhoneは便利でかっこいいスマホですが、新しいiPhoneに買い替えた時にデータを移す作業をしなければなりません。今回は、古いiPhoneからiPhone6S(現行は6と6Plusなので次期発売機種)にSMS・メッセージを移行する方法をお伝えします。

ほとんどすべてのiPhone 6s/6s Plusなどスマホユーザーが利用しているLINEアプリ。端末の機種変更の際に適切な手順を踏まないと、トークだけでなく、友だちやグループ、プロフィールなどの情報も消えてしまいます。今回は、機種変更時にLINEのデータを上手く引き継ぐ方法を4つご紹介します。

iPhone6sが発売されればこれをきっかけに益々AndroidからiPhone6sに乗り換える方々が増えると思います。 しかし、そこで不安になるのがAndroid・アンドロイドから 6s/6s Plusにどうやってデータを移行したらいいのかと言うことです。これから紹介する4つの方法でデータの移行が行えます。

携帯電話やスマートフォンの機種変更の際に最も気が重いのがデータの移行です。今回も新しいバージョンのiPhone 6s/6s Plusが発売されるので古いiPhoneからデータを引き継ぐ人が多くいらっしゃると思います。 そんな方々の為に私が知っているデータの移行・転送方法を3つ紹介させて頂きます。

2015年9月に発売が噂される新型iPhone 6s/6s Plusを買い替える場合、使う前に今まで使用していたiPhoneの中にある連絡先などのデータを自分で移行しないといけないのが煩わしいと思う方もいるはずです。そこで今回は旧型iPhoneの連絡先・電話帳を新型iPhone 6s/6s Plusに移行する方法をご紹介します。

iPhone6のデータをiCloudで管理する方法を紹介します。

iTunesまたはiCloudを通じてiPhoneでiCalを同期する方法を紹介します。