iDVDを使わずに、imovieからDVDを書き出したい

iMovieとは近年とみに話題となってきたソフトです。それというのも、自分の好きなように映画を編集したり、予告編を作成したり、また自分で撮影した動画を本物の映画さながらのスペクタクルな内容に編集できる機能を備えているからです。ここではiMovieでDVDを書き出す方法をご紹介しましょう。

1.iMovieプロジェクトを開始する

編集する前に、出力フォルダを指定します。その後で新しいプロジェクトを保存します。

2.DVカメラに接続する

カメラはPLAY(VCR)モードの状態を確保します。

3.ビデオを追加する

ビューアが「カメラと接続した」と表示したら、「インポート」ボタンをクリックします。インポートを停止したい場合には、もう一度「インポート」ボタンをクリックします。インポートしたクリップ(複数をまとめて可能)をタイムラインにドラッグし編集が可能です。※一度削除したクリップは復元できないのでご注意ください。

iMovieはAVI, MOV, MP4,MPG, 3GP, DATをサポートしています。

FLVまたはM4A, AIFF, AAC and SWFなどは対応していないので、「究極動画音楽変換 for Windows」など で変換するのがお勧めです。

4.ビデオを編集する

クリップのスプリット

スプリットしたいところにカーソルをおき、「編集」メニューの「ビデオクリップをスプリットする」を選択します。

クリップのクロップ

「編集」メニューの「クロップ」を選択します。

エフェクトの追加

クリップパーネの下にあるメニューから「エフェクト」をまず一つ選択します。プレビューウィンドーで確認してからエフェクトを調整できます。また、エフェクトのパラメータを調整したいときも、「プレビュー」をクリックしてからできます。最後に「アプリー」をクリックしてレンダリングが完成するのを待ちましょう。

5.プロジェクトを保存する

メイメニューから「ファイル」→「プロジェクト保存」を選択します。

ムービーを変換したい場合は「究極動画音楽変換 for Windows」、ムービーをDVDに焼きたいなら、 「 DVD Burner for Mac」がともにお勧めです。
中島直人

Feb 04,2015 10:38 am / Posted by to Web動画をDVDに

関連トピックス

Home > Web動画をDVDに > imovieからDVDを書き出したい
Top