iSkysoft > 各形式の動画をDVDに>

WMVをDVDに焼く方法

一番簡単でWMVをDVDに変換方法の紹介

  

WMVファイルをDVDに変換、作成したいですか?

YouTubeなどの動画配信サイトではMPEG4形式などでの配信が行われていますが、時々wmv形式のファイルもあったりします。そんなとき、DVDに焼きたいと思ってお困りの場合はないでしょうか。MPEG4と違ってwmv形式はファイルシステムが若干特殊なため、普通の手段ではDVD用のファイルに変換することができないんですよ。

だいたいのファイルがMPEG4形式である、というのも変換しにくさに拍車をかけています。というのもフリーソフトを中心とした変換ソフトというものはもっともメジャーなファイルシステムにのみ最適化されている場合が多く、この場合でいうとwmvはあまり使われていないのでおろそかにされがちなのです。

しかしあまり使われていないのと全く使われていないのとでは話が全然違ってきますよね。あまり使われていない、ということは時々は使う、ということになるのですから。そんな時変換するソフトが用意出来ていなかったらせっかくの動画もDVDに出来ずに残念な結果となってしまいます。

ではどうすれば変換出来るのかというと、それは単純にwmv形式にも対応した専用の変換ソフトを使えばいいのです。対応の変換ソフトはいくつかありますが、その中で私が一番簡単だなと感じたのは「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows」でした。このソフトはwmvはもちろん、他のマイナーなファイル形式にも対応した、文字通り究極の変換ソフトです。マイナーなファイル形式同士の変換にも対応しているので、DVDに焼く用途として以外にも色々と使い道はあるでしょう。

WMVをDVDに焼く方法

ステップ1.iSkysoft「究極動画音楽変換 for Windows」にWMVファイルを追加

ソフトの上部にある「作成」ボタンをクリックします。ファイルをインポートするには、直接WMVファイルをドラッグ&ドロップするか、または、「DVD」ボタンや「追加」ボタンをクリックし、WMVファイルをソフトにインポートします。

:「編集」ボタンをクリックし、WMVファイルを編集できます。「テンプレートの変更」ボタンをクリックし、好きなテンプレートを選択できます。

wmvファイルをインポート

ステップ2.作成設定

ソフトの右側に作成設定をすることができます。

そして、DVDラベル、保存式、品質、画面比率などを設定できます。

wmv作成設定

ステップ3.WMVをDVDに書き込み

「作成」ボタンをクリックし、WMVファイルをDVDに書き込みます。

wmvをDVDに変換

WmvをDVDに焼くときの注意点は特になく、基本的にはMPEG4と同様のイメージを持っていただければ大丈夫です。これは「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows」が自動的にファイルシステムに合った設定を作り上げてくれるためであって、他のソフトだとまた別に設定する必要があるのかもしれません。「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows」が一番簡単だな、と感じたのはそのせいなのです。

DVDにするためにはファイルをリサイズする必要もありますが、小さなファイルはそのままの状態で焼いてしまうのもひとつの手ですね。それならDVDの容量の節約になるので、一枚のDVDで多数の動画を入れておくことができます。こういった少し変則的な使用方法も「iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windows」はきちんと対応していて、それぞれの動画を頭出しで再生したりもできるのでとても便利です。またwmv形式とそれ以外の形式の混合ファイルも作れますから、動画の内容によって形式を変える、というのも悪くないでしょう。

お勧め製品

究極動画音楽変換 for Windows

究極動画音楽変換 for Windows

6980円
5580円

iSkysoft 究極動画音楽変換 for Windowsは非常に高い互換性の高いソフトで、動画変換、音声変換、DVD変換、DVD作成、Web動画のダウンロードなど豊富な機能を装備するスーパーソフトウェアです。


究極動画音楽変換 for Mac

究極動画音楽変換 for Mac

7980円
6380円

究極のオールインワンDVDおよびビデオソリューションを提供。

人気記事

Back to top